本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「釈迦」の遺言」志村 武

2010/07/19本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「釈迦」の遺言 (知的生きかた文庫)


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


内容と感想

■仏教の考え方を中心に、
 外国や古人の諺を織り交ぜて、
 生き方について考察する一冊です。


 テーマはいろいろ出てきますので、
 空いた時間に読むには
 よいのではないでしょうか。


・たとえ少しずつでも悪をなすならば、ついには禍に満たされることになるのである(p26)


■この本を読んで感じたのは、
 いろいろな経験がその人の価値観を
 作り上げるということです。


 その経験には自分の体験だけではなく、
 読書から学んだことも大きな影響を持ちます。
 それがわかりました。


 志村さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・何も悲しむことはない。命あるものは必ず死にいたるのだ。この世に無常ならざるものはない。(p4)


・ほかの人の悪口ばかりをいいたがる愚か者は、その斧で自分自身の生命を断ち切るような結果を自ら招いてしまう(p62)


・ジャマイカではこんなことがいわれる。「君の真の友を知りたいなら、道端に横たわって酔ったふりをせよ」(p99)


・フィンランドの諺は、「馬はあした、息子はひげをはやしてから、娘は嫁にいってからほめてやれ。だがしかし、わが身はいつになってもほめてはならぬ」と戒めている(p87)


「釈迦」の遺言 (知的生きかた文庫)


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


著者紹介

 志村 武(しむら たけし)・・・1923年生まれ。東北大学哲学科を卒業。武蔵野女子大学教授。禅を「世界の禅」たらしめた鈴木大拙博士に20年間師事。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: