本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「自分の会社を100年続く企業に変える法」曽根 康正

(2010年7月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の会社を100年続く企業に変える法 (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■税理士の中には、
 「税金で取られないようにもっとお金を使ってください」
 などと訳のわからない助言をする人がいるようですが、
 この本はまったく違うものでした。


 同族会社を、経営と資本を分けて、
 永続的に社会貢献をできる会社とするための
 考え方を教えてくれる一冊です。


■まず、会社と創業家を分離します。


 中小企業では社長や親族が連帯保証人になったり、
 自宅を担保としている場合がありますが、
 こうした個人保証は止めるようにします。


 会社とは社会の公器であり、もし倒産しても、
 創業家に影響がないようにしておくわけです。


 さらに、創業家は長男、長女が引き継ぐものとし、
 会社の株式も大半は創業家が押さえます。


■会社の運営においては、
 支払手形の発行を止めるように努めます。


 そして、自分がいなくなっても
 理念が引き継がれるように、経営理念の
 浸透を図っていきます。
 

 さらに、毎月の数字のチェックで
 無借金経営を目指すことも大切です。


・事業会社は不動産を保有しない、かつ原則、
 銀行からの借入のない会社にします。当然、
 支払手形は発行しない会社にします(p121)


■小手先の節税提案ではなく、
 本当の意味での永続する会社を目指していることに
 感じ入りました。


 曽根さん、良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・まずは自社の歴史を学んでみましょう(p77)


・支払手形は倒産に直結する最も危険であるため、
 避けるべきです。
 また、伝統ある100年企業を作るためには信用が第一なので、
 信用を失うような仕入先への買掛金支払の遅延は
 避けるべきです(p166)


・「成功者」の反対は「失敗者」ではなく、
 「チャレンジしない人」なのです(p111)


・トヨタがGMを抜いて世界一になるなど20年前に
 世界中でそんなことを思った人はいないでしょう。
 ただ、トヨタの人間の中で誰か一人は思っていたはずです。
 誰もいなければ絶対なれないし、
 一人でもいればなれる(田代正美)(p190)


・銀行がこれ以上お金を貸さないと言われた時点が
 事業のやめ時なのです(p209)


自分の会社を100年続く企業に変える法 (アスカビジネス)
曽根 康正
アスカ・エフ・プロダクツ
売り上げランキング: 153627
おすすめ度の平均: 5.0
5 経営に悩んでいる中小企業の経営者、どうしていいのかわからない2代目経営者にお勧め
5 経営者の心構えを学ぶ本
5 中小企業経営者はもとより、読んで損はない本
5 会社経営者に必要な常に机上に並べるべき書
5 この本こそまさにこれからの時代の経営者の必読書だ!

【私の評価】★★★★☆(88点)



■編者紹介・・・曽根 康正(そね やすまさ)

 1959年生まれ。
 TAC専任講師、丸の内会計事務所を経て、平成元年独立。
 平成19年SMC税理士法人を設立し、SMCグループ代表。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: