本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「フェイズ3の眼」柳田 邦男

(2010年5月26日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイズ3の眼 (〔正〕)

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■「フェイズ3の眼」とは、
 冷静でもなく、かといって慌てるでもない、
 ちょうどいい緊張状態のことです。


 この本では、そうした精神状態を切り口にした、
 柳田さんのエッセーとなっています。


 1984年の本ですので、
 ちょうどバブル絶頂期であり、
 日本が元気の良かった時代です。


 大韓航空機をサハリン沖でソ連空軍が
 撃墜した話題など時代を感じさせて
 くれる一冊です。


・日本は多くの商品分野で世界市場に進出し、
 その経済活動は、欧米諸国に比べはるかに活気があるが、
 はたして日本はさらに飛躍して、世界の指導国の地位に
 のし上がっていくのか、それとも、
 このあたりで頭打ちとなって、やがて衰退するのか(p80)


■冷静では動きが鈍くなる。
 慌ててしまってはミスをする。


 そのちょうど良い精神状況が
 大切ということでしょう。


 柳田さん、よい本をありがとうございます。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アメリカ人は四年ごとに規則正しく
 大統領選挙があるので、その前後関係から、
 年号を覚えやすいのではないか、と思う。(p16)


・アメリカ中央情報局(CIA)の報告によると、
 世界平均で耕地一ヘクタール当たりで養わなければならない人口は、
 1970円代前半には2.6人であったのに、2000年には、
 人口爆発の結果、4.0人へと増えてしまう。農業の生産性が
 多少向上したとしても、巨大な食糧危機が生じることは
 避けられない見通しである。(p64)


フェイズ3の眼 (〔正〕)
フェイズ3の眼 (〔正〕)
posted with Amazonアソシエイト at 15.07.19
柳田 邦男
講談社
売り上げランキング: 1,164,048

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: