本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「生かされて」イマキュレー・イリバギザ

(2009年6月28日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

生かされて。

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■最近、アフリカでは、スーダンで虐殺が発生し、
 中国の関与を批判するニュースをよく耳にしましたが、
 1994年にもルワンダで虐殺が発生しています。

 その虐殺の中で生き残った著者の体験の記録が
 この本です。


■この本でわかるのは、虐殺の原因が、
 ルワンダ人にもあるのでしょうが、それよりも
 外からの影響が大きいということです。

 特に、アフリカを植民地として侵略した
 ヨーロッパ諸国の影響が大きいということです。


  ・ツチの王が統治していたルワンダは、何世紀ものあいだ
   平和に仲良く暮らしていたのです・・・ベルギーは、
   少数派のツチの貴族たちを重用し、支配階級にした・・・
   ベルギー人たちが人種証明カードを取り入れたために、二つの
   部族を差別するのがより簡単になり、フツとツチのあいだの溝は
   いっそう深くなっていきました(p42)


■民族の対立が、虐殺にまで発展するという事実は
 非常に怖いものがありました。

 隣国には反日教育を推進している国があるのですから、
 自らの国は自らが守らなくてはならないのでしょう。


  ・ツチのやつらは、いつも自分たちの方が優れていると
   思っているんだ。いつだってフツを見下している。
   もし今でも権力を握っていたら、彼らはすぐにでも僕たちを
   殺すとは思いませんか?
   だから、彼らを殺すのは、自己防衛なんですよ(p160)


■虐殺はどこでも起る可能性がある。 

 今は日本は安全のように思えますが、
 この安全を今後も私たちは守っていかなくてはならない
 のだと思いました。

 本の評価としては、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・私たちは、政府の大臣が、国立ラジオ局で話しているのを聞きました。
   「・・・ツチの蛇どもは我々を殺そうとたくらんでいる。
   最初に我々が彼らを殺すのだ。見つけ次第殺せ。・・・」(p166)


  ・国連は、虐殺が始まってすぐに平和部隊を引き上げることにしました。
   ・・・私たちの前の宗主国だったベルギーは、
   一番最初に兵士を引き上げたのでした。(p190)


  ・お前が自分の子どもを持ったら、イマキュレー、
   一瞬一瞬を心から楽しむことを忘れてはいけないよ。
   彼らは、あっというまにいなくなってしまうのだから(p74)


▼引用は、この本からです。

生かされて。
イマキュレー・イリバギザ スティーヴ・アーウィン
PHP研究所
売り上げランキング: 11741
おすすめ度の平均: 5.0
5 生かされて
4 人間の精神面の弱さを
5 生かされて
5 衝撃的に美しい魂
5 崇高な精神

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■著者紹介・・・イマキュレー・イリバギザ

 1994年のルワンダ大虐殺で両親と兄弟を失う。
 1998年アメリカに移住し、国連で働き始める。
 ニューヨーク在住。


─────────────────

■関連書評■

a. 「インテリジェンス武器なき戦争」手嶋 龍一、佐藤 優
【私の評価】★★★★☆

b. 「エコノミック・ヒットマン」ジョン・パーキンス
【私の評価】★★★★★

c. 「ボロボロになった覇権国家」北野 幸伯
【私の評価】★★★★★

d. 「国家情報戦略」佐藤 優、コウ・ヨンチョル
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: