「なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術 」小室 淑恵

|

なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■今日、職場では仕事の量は変わらないのに、
 サービス残業はできない、さらに、
 会社の業績が悪く、残業自体も認められない、
 という会社も少なくないのではないでしょうか。


 残業なしで仕事に成果を求められる時代に
 なってきたのかもしれません。


  ・それまでスキルの未熟さや知識のなさを、
   残業や休日出勤という「時間」でカバーしていました。
   しかし、全員が残業禁止となると、こうした人は
   「なぜ自分は時間内で仕事が終わらないのだろう」
   と考えはじめます(p9)


■この本では、コンサルタントの小室さんが、
 コンサルタント先で指導している内容が
 分かります。


 まず、仕事の見える化を行います。


 小室さんは、朝と晩のメールを
 活用しているようです。


 業務日誌を徹底するという感じでしょうか。


  ・メンバーの1日の動きを把握しているでしょうか?
   また、メンバーはマネジャーの予定を
   知っているでしょうか?
   チームの状況を知るためには、
   まず知ることです。(p77)


■次の段階は、こうした事実をもとに、
 各メンバーに「仕事」と「生活」の充実度、
 あるべき姿について「課題発見シート」を
 書いてもらい、話し合います。


 実は、このメンバーとのチームの目標や夢を
 共有するところが非常に重要なのだと思いました。


■そうしたビジョンの共有ができてきたところで、
 仕事の効率化を進めることが
 できるようになってきます。


 基本的には残業禁止とし、
 そのために、マルチスキル化、
 チェックリストなどの様式化など、
 工夫しているようです。


■現状を把握し、メンバーとその現状と、
 あるべき姿を話し合うことができれば
 確かに職場に変化が起きてくるはずです。


 職場の活性化にヒントとなる一冊ということで、
 本の評価としては★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・限られた時間の中で仕事をうまく回すためには、
   「その人でなければできない仕事」を、
   どんどん減らしていくことも大切です(p9)


  ・マネジャーに期待されているのは、
   メンバーが仕事の壁を打破するために
   「レベルの高い情報」「人脈」「異なる視点」
   「気付きを与えるアドバイス」などを
   提供することです。(p54)


  ・私の会社の「引き継ぎマニュアル」の中で
   一番よく使われるのは
   「メール文面の雛型」です(p116)


▼引用は、この本からです。

なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術
小室 淑恵
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 706
おすすめ度の平均: 4.5
5 納得しました!
4 うちの会社には優秀な人材がいない・・・と嘆く前に読む本
5 チームで考える生産性
2 過剰管理で発生する残業には有効でしょうね。
5 不景気の今、ヤル気にさせてくれる良書

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■著者紹介・・・小室 淑恵(こむろ よしえ)

 1975年生まれ。1999年資生堂入社。
 社内のビジネスモデルコンテンストで優勝し、
 育児休業者の職場復帰支援事業を社内ベンチャーとして立ち上げる。
 その後、退社。
 2006年(株)ワーク・ライフバランスを設立。
 休業者の職場復帰支援プログラムを開発、200社に採用されている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)