本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「テーブルの出来事―レストラン短編集」植松 二郎

2009/03/30本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーブルの出来事―レストラン短編集


【私の評価】★★★☆☆(75点)


■レストランの店舗で実際にあった
 「すごいい」話を10個集めた一冊です。


 レストランなどの飲食店の仕事は激務です。
 同じ作業を繰り返し、何かあれば、
 お客さまからのクレームが飛んできます。


 しかし、著者は、そうした仕事のなかに、
 レストランだからこそ体験できる
 感動の瞬間があるといいます。


■「すごいい」話は、実際に読んでいただくとして、
 レストランにはディズニーランドに繋がるものが
 あると感じました。


 両方とも電気のように生活に必要不可欠なものを
 提供しているわけではありませんが、
 実は、それ以上に人生を豊かにする何かを
 供給してくれているということです。


■私は短編小説集として
 読ませていただきました。


 どんな職場でも、頑張っていると
 感動することがあるとわかる一冊です。


 本の評価としては★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・レストランの現場には、そこを職場として選んだものにしか体験することのできない素晴らしい瞬間があります。(p220)


・後悔には二つのタイプがある。「あのとき、ああしなければよかった」ちうものと、「あのとき、ああしておけばよかった」(p52)


▼引用は、この本からです。

テーブルの出来事―レストラン短編集
植松 二郎
幻冬舎メディアコンサルティング
売り上げランキング: 189097


【私の評価】★★★☆☆(75点)


■著者紹介・・・植松 二郎(うえまつ じろう)

 広告制作会社勤務ののち独立。小説、エッセイ、紀行文などを執筆。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: