「HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義」タル・ベン・シャハー

|

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■米国ハーバード大学で教えられている
 「幸せ」になるための授業の教科書です。


 著者は、自分の目標であったイスラエルの
 スカッシュチャンピオンになったとき、
 それほど幸福でないことに気づき、
 「幸せ」について研究をはじめたそうです。


  ・ところが、いざ目的地に到着すると、
   物質的な豊かさはけっして自分を
   幸せにしないことに気づきます(p98)


■内容としては、幸せとは?
 そして仕事で幸せを感じるには?
 最後に、本当の幸せとは?
 といった流れで説明が続きます。


 印象としては、普通の成功哲学系の本ですが、
 やはり、こうした内容が公的教育機関で
 教えられていることのほうにショックを受けました。


 こうした内容を学校で教えるべきというのが、
 本のソムリエの持論なのですが、
 日本ではなくすでに米国で行われているとは・・・。


  ・病気になるまで、
   人生の真の価値に気づかなかったなんて・・・
   (ガンの末期患者たちと接しつづけてきた
    精神分析医)(p242)


■教科書自体はそれなりの内容となっていますので、
 まだ、間に合います。


 前例の好きな文科省の人には、ぜひ日本でも導入に向けて
 頑張っていただきたいと思います。


 本の評価としては、ハーバードの教科書ということで、
 敬意を表し、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・私は彼女に、
   「自分は、いつになったら幸せになれるのだろう?」
   ではなく
   「どうやったら、今も未来も幸せでいられるのだろう?
   と自問するよう促しました(p62)


  ・人生の質を高める最善の方法は、
   内なる声に耳を傾けながら、
   試行錯誤をくり返すことです。(p80)


  ・人が決意を固めた瞬間、
   すべてがその人のために動きだす
   (登山家ウィリアム・H・マリー)(p115)


  ・大切な人たち・・・配偶者、恋人、家族、友人など・・・に
   少なくとも月に1度か2度は感謝の手紙を送ることを、
   ぜひ習慣にしてください(p198)


▼引用は、この本からです。

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

幸福の科学出版
売り上げランキング: 6316
おすすめ度の平均: 5.0
5 意義(Meaning)、喜び(Presure)、長所(Strength)で幸せを考える
5 幸せを定義する
5 自分にもできるかな
4 感想
5 幸せは心の中にあるもので、物質的豊かさには依存しない

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■著者紹介・・・タル・ベン・シャハー

 ハーバード大学でもっとも人気のある講師。
 「肯定心理学」「指導心理学」を教える。
 スカッシュの全米学生チャンピオン、
 全イスラエル・チャンピオン。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)