人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「アンガー・マネジメント」安藤 俊介

2009/01/07本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■寝ないで取材している新聞記者に
 「私は寝てないんだ!」
 と言った社長さんがいました。


 このひと言で、この会社の運命が
 決まったような気がします。


  ・「『怒り』という自分の感情すら
   マネジメントできない人に
   経営を任せられない」(p18)


■いろいろな問題が出てくる。競争も激しくなってくる。
 社会環境が変わっていく。


 こうした日々変わる環境で会社を経営していれば、
 どんな社長でもストレスがあると思います。


 そうしたときに部下が大きな失敗をしたり、
 部品が予定どおり納入されなかったりしたら、
 「なにをやっているんだ!」
 と怒りたくなるのも当然でしょう。


■しかし、よく考えてみると、
 外から見ている人は、
 自分の怒りの原因となった
 すべての要因を知らないわけで、
 「なんでそこまで怒るのだろう」
 と思うことも少なくないと思うのです。


  ・同じことを言うにしても、
   とにかく穏やかに丁寧に伝えることを
   心がけるにかぎります。(p194)


■この本では、自分の怒りをコントロールする方法を
 教えてくれます。


 時間をとる、セルフトークを決める、
 紙に書き出す、言い方に気をつける、
 自分のトラウマを探求する・・・。


■いずれにしろ、怒りを表現して、
 失敗することを避けるために、
 自分なりの方法を探す必要があるのでしょう。


 その道先案内人となる本だと思いました。
 本の評価としては★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・自分だけの呪文を用意しておいて、
   怒りが爆発しそうになったり、
   目の前の困難な状況にイライラしたときに
   自分の中でとなえる・・・
   「大丈夫。なんとかなるさ」
   「この前はもっとつらかったけど、
   乗り越えてきた」・・・(p104)


  ・「申し訳ないですけど、これ以上は冷静に
   議論できそうにありません。
   タイムアウトをとらせてもらえないでしょうか。
   タイムアウトは1時間で結構です・・・
   「怒って出ていく」にもコツがある(p108)


  ・つまり「注意をする」という行動で、ある人は、
   「なるほど。親切な人だな」と思う人もいれば、
   市川さんのように「俺のことが嫌いなんだな」と
   思ったりする人もいるのです。(p64)


▼引用は、この本からです。

アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
安藤 俊介
大和出版
売り上げランキング: 17087
おすすめ度の平均: 5.0
5 怒らない人より、怒りと仲良しになろう
4 これでもう周囲の人を殴らないで済みます!
5 自己啓発書の前に読んでおこう
4 怒るのは自分を分かって欲しかったんですね
5 そんなにイライラすることなかったんだ!

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

はじめに アンガー・マネジメントがあなたの世界を劇的に変える!
序章 できるビジネスマンほどイライラ、ムカムカにふりまわされない
第1章 人間関係を劇的に変える!アンガー・マネジメントのしくみ
第2章 「なりたい自分」のイメージトレーニングから始めよう
第3章 「カチン!」「ムカッ!」ときたときの、感情の抑え方
第4章 記録することで、あなたの怒りを「見える化」しよう
第5章 無理せずできる!「怒らないしくみ」のつくり方
第6章 本心が伝わるコミュニケーション・スキルを身につけよう


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: