「遺品整理屋は見た!」吉田 太一

|

遺品整理屋は見た!

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■病院や自宅で死を見取られる人は幸せです。
 孤独氏、自殺、殺人など、死んで放置されると
 その現場は悲惨なことになります。


 (特に夏は、すごいらしいです。)


 警察は、捜査はしますが、掃除はしてくれません。


 では、だれがするのか?
 残された遺族がすることになるのです。


■しかし、突然の死に呆然とする遺族が、
 近所の人の文句の中で、
 掃除や遺品整理ができるものではありません。


 そこで、著者の出番となります。


■わんたんのように解けた遺体、
 大量のうじ虫、強烈な死臭など想像したくない
 場面が続きますが、

 「そういえば、だれでも死ぬんだ・・・」
 と思わせてくれる一冊です。


■いろいろ考えさせてくれる一冊ですが、
 孤独死だけは避けようと思いました。


 意外にも自殺を考えているような人にもよいかも
 しれません。本の評価としては、星3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「今から死ぬので、遺品の処理をお願いしたいんです・・・」
   ・・・自分が死んでから人に迷惑をかけないよう、
   自ら遺品の処理まで考えているのですが、自殺するそのこと自体が
   人に迷惑がかかるということに気づいていないのかもしれません(p191)


▼引用は、この本からです。

遺品整理屋は見た!
遺品整理屋は見た!
posted with amazlet at 08.07.31
吉田 太一
扶桑社
売り上げランキング: 8571
おすすめ度の平均: 4.5
5 稀な業種でなくなるときが来る
5 仕事色々。
5 自分の事は自分でやりなさい
5 知らなかったことを知るきっかけに‥‥‥
4 面白いけど

【私の評価】★★★☆☆(70点)



■著者紹介・・・吉田 太一(よしだ たいち)

 1964年生まれ。日本料理店、佐川急便を経て、運送業を始める。
 その後「ひっこしやさんのリサイクルショップ」を開業。
 2002年に、「遺品整理」専門会社「キーバーズ」設立。
 遺品整理、形見分けの配送、葬儀社紹介、清掃・消毒などを行う。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)