「3つに分けて人生がうまくいくイギリスの習慣」井形 慶子

| コメント(0) |

3つに分けて人生がうまくいくイギリスの習慣 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■日本にも「ハレ、ケ」という考え方がありますが、
 イギリス人は、さらにメリハリを
 つけているようです。まず、服装です。


 日本人もその場面に合わせて服を選びますが、
 イギリス人の夜の服は特に派手で、
 カッコイイのです。


・夜の予定がある人は行員から会社役員まで皆、
 いったん家にもどり、自宅やレストランで
 繰り広げられるパーティーやディナーのため、
 シャワーを浴びて夜用の服に着替えるのです(p50)


■季節は日本の4つではなく、
 3つに分けます。


 1~4月が「変化の時」
 5~9月が「ホリデーシーズン」
 10~12月が「パーティーシーズン」です。


 5~9月は天候がよいのですので、
 楽しめる季節なんですね。


・1月から4月は転職して新しい仕事に就いたり、
 スポーツを始めるなど・・・「変化の時」・・・
 5月から9月までは「ホリデーシーズン」・・・
 夜を中心に生活を謳歌します。・・・
 10月から12月までが、「パーティーシーズン」。


■個人的には、社員を自宅に呼ぶ習慣のところが
 興味を引きました。


 家内の協力があれば、
 私もやってみたいものです。


・イギリスの人々が自宅でのビジネスディナーで
 人をもてなすのは、
 たとえば会社の上司が社内で頭角を現してきた
 社員に昇格を告げる場合です。(p105)


■「イギリスから学ぶイギリス人の知恵」といった
 趣の一冊でした。


 イギリス経験の豊富な著者だからこその
 一冊ということで★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私は講演など大勢の前に立つときは、
 ほとんど黒いスーツを選びます。・・・
 私にとってのこの勝負服(p48)


・イギリスの人々は独身、既婚を問わず、
 自分がたったひとりになれるパーソナルスペース
 と呼ばれる空間を持っています。・・・
 手入れをする庭、腰かけてただ風に吹かれて
 時を過ごす公園のベンチ(p66)


・スランプに陥ると、イギリス人の大学教授が語った
 「人の真の力は、物事がうまくいっている時ではなく、
 失敗したり挫折した時、どう対応するかで決まるんだ」
 という言葉を思い出します。(p73)


・世界各国に散らばる取引先の担当者が訪英するたび、
 一晩は必ず自宅ディナーに招待すると言っていました。・・・
 歓談しながらも鋭い観察眼でチェックし、
 この人が契約するにふさわしい相手かどうかを
 判断するのです。(p108)


・私も冒頭で紹介した雑誌編集長のように、
 社外に何人かの相談相手を用意して、
 原稿を書く時にも「セカンドオピニオン」を
 役立てています。・・・
 「2番目の考えが最善である」という
 ことわざまであります。(p118)


▼引用は、この本からです。

3つに分けて人生がうまくいくイギリスの習慣 (新潮文庫)
井形 慶子
新潮社
売り上げランキング: 188344
おすすめ度の平均: 4.0
1 つまらなかったです。
4 なるほど3つにね
5 井形さんの本はいつも示唆に富んでいます
5 目からうろこが落ちた
4 やっぱなー

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■著者紹介・・・井形 慶子(いがた けいこ)

 大学在学中から出版社でインテリア雑誌の編集に携わる。
 60カ国で流通する外国人向け情報誌「HIRAGANA TIMES」を創刊。
 28歳で出版社を立ち上げ、情報誌「ミスター・パートナー」を創刊。
 渡英経験は70回を超える。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)