本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「石油大国ロシアの復活」本村 真澄

2007/12/01本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

石油大国ロシアの復活 (アジアを見る眼)

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■エネルギーを確保するのは
 国家の一大事です。
 日本はどこからエネルギーを調達すべきか。


 現在は中東依存ですが、
 他のエネルギー調達先を
 考えなくてはならない時期に
 あるのではないでしょうか。


■それにしても、中国は安い価格で
 ガスを買っているようですね。
 日本にも回してもらいたいものです。


 木村さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・国際共産主義運動、そしてコメコン体制を支えていたのは、
 ソ連の石油であったといえる。ソ連は、このように
 西側市場と東欧諸国双方にバランスよく
 石油・ガスを輸出することにより、
 東西冷戦の構図を維持することができた(p6)


・ガス価格については、ロシア側は
 国内供給ガスの価格を40~45ドル/1000立方メートル
 (100万Btu当たり1.13~1.27ドル)、
 中国への販売価格としては少なくとも
 75ドル/1000立方メートル(100万Btu当たり2.12ドル)
 を主張しているのに対し、中国側は石炭連動価格として
 これよりもはるかに低い額を主張し、
 合意していないといわれる(p217)


石油大国ロシアの復活 (アジアを見る眼)
本村 真澄
アジア経済研究所
売り上げランキング: 71098

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: