本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「狙ったお客の80%は落とせる」矢部広重

(2007年11月28日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

狙ったお客の80%は落とせる 矢部広重の必勝方程式―1000名の経営トップが実践した驚異の実績

【私の評価】★★★★☆(80点)


■営業という仕事は、商品開発について意見は言えますが、
 基本的に( 与えられた商品 )をいかに売るかという仕事です。


 ( 与えられた商品 )を変えることができないとすれば、
 お客さまへの対応ですべてが決まることになります。


■この本では、お客さまへの対応を
 「お客さまの感動」という視点で徹底的に考え、
 実行する方法を提唱しています。


 ・その秘訣は、お客様が「喜ぶ」「感動する」には
  どうすればいいのかを「百倍」研究することにあります。(p3)


■それを実現するための手法は、
 お客さま対応を細かく分割して、


 その各項目でお客さまが感動するような
 工夫することです。


 ・必殺技の仕組み作り・・・テーマ:趣味『ゴルフ』
  車でお出迎え(奥さま挨拶、ミュージック、おしぼり・・・
  コース案内、メンバー紹介・・・)
  着替え、コーヒー、パター練習、スタート・・・
  各項目ごとにキーマンに感動を与えることを考え抜く(p142)


■優秀な人は、頭の中でこの作業をして指示するのでしょうが、
 凡人には紙に書いて、
 アタマを悩ます仕組みが必要なのです。


 やるべきことを項目別にして、各項目で工夫を加える。
 これならできそうです。


■こうした仕事の本質的な変更を行うとすれば、
 一部の部下から反発があるかもしれません。


 しかし、「お客さまに感動を与える」ということを継続していけば、
 最終的にお客さまが感動する→従業員が喜ぶという
 良い循環となっていくのです。


 ・「個客管理」です。個人の管理です。・・・従業員にも、
  この感動接待は浸透しています。そして、面白いことに、
  お客様が喜ばれると、従業員たちも元気が出てくるんです。(戸辺義郎)(p220)


■実例が少なく、消化不良のところもありましたが、
 2000円弱の本でそこまで要求するのは酷でしょう。


 仕事を細分化して考え抜くという
( 仕事の手法のヒント )がありましたので、
 ★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「実力者」「能力のある上司」「切れ味鋭い上役」・・・
  魔法の言葉として、「仕事を30%変革せよ」と言い続ける
  ことにある。・・・継続すると部下が「考える楽しみ」に
  目覚めていく。(p60)


 ・失神・卒倒する工場見学プログラム・・・招待状、車、ホテル、
  出迎え、歓迎看板、歓迎タレ幕、受付署名、応接室での打ち合わせ、
  飲み物と茶器・・・植樹セレモニー、写真とアルバム、お礼状、
  フォローアッププログラム、オミヤゲ作戦・・・(p112)


 ・まわりの人から「明るくなったな」と言われます。・・・
  要は「人に喜びを与える喜びを知った
  人間に変わった」ということだと思います。
  人に喜びを与えたときの喜びが自分に返ってくるのは、
  無上の喜びですよね。(岩崎照央)(p184)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★★☆(80点)


■著者紹介・・・矢部広重(やべ ひろしげ)

 企業運営のあり方を研究。人間学、帝王学を基本とした
 役員研修、幹部研修による企業活性化、
 短期間で業績を改善する仕組みつくりには定評がある。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: