本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「伝説のプラモ屋」田宮 俊作

(2007年11月26日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のプラモ屋―田宮模型をつくった人々 (文春文庫 た 45-2)

【私の評価】★★★☆☆(80点)


■中学生の頃、プラモデルといえば、
 タミヤの模型でした。


 他の会社のキットは、部品がぴったり合わない
 ことがありましたが、タミヤのキットは
 部品がきっちりと合う正確な製品だったのです。


 「いい仕事してますね!」
 ということです。


 ・設計に必要なのは一にも二にも愛情である。歴史的な重要性を知り、
  零戦にとことん惚れ込まないと優れた設計はできない。(p106)


■この本では、田宮模型の発展の軌跡と、
 現場での苦労がよくわかりますが、

 やはり、新しいものへを作って挑戦していったことが、
 発展の基礎となったようです。


  木型模型からプラスチック模型への挑戦、
 RC(ラジオコントロール)カーの開発から
 ミニ四駆の開発へと次々とヒット商品を開発しています。


 ・タミヤという会社の今日があるのは、76年から、電動RCカーを
  世界に先駆けて開発し、これが世界的に流行したことと、一億数千万台
  販売したミニ四駆の開発を手がけたことによる。(p285)


■模型とはいえ、ただの模型ではない。
 愛情と思い入れのある模型を作るところが、
 日本の製造業の真骨頂なのでしょう。


 今年の正月は、家族でプラモデルを作ることに
 決定して、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・細部にこだわり過ぎて、必要以上にパーツが多すぎるキットは、
  組み立てる側にストレスをためてします。・・・模型の設計で
  一番肝心なことは、うまく省略することにあると私はいまだに
  考えている。(p44)


 ・私は、自分の目の黒いうちは自分が嫌いだと思う飛行機の
  模型は絶対につくらない。たとえば、B-29爆撃機が最たる
  ものだ。(p268)


 ・ゴーン氏が『ルネッサンス』という著作を出版したばかりだったので、
  サインをいただこうと本を差し出すと、「この本を書いたのは自分の
  ためじゃない。日産の社員のために書いたんだ」という。(p162)


▼引用は、この本からです。

伝説のプラモ屋―田宮模型をつくった人々 (文春文庫 た 45-2)
田宮 俊作
文藝春秋 (2007/05)
売り上げランキング: 68353
おすすめ度の平均: 4.5
4 タミヤの歴史が分かります
5 「1/48 フェアリー ソードフィッシュ MK.II」とか「1/32 零戦52型」とかつくってみたい
5 「世界のタミヤ」へ...その足跡

【私の評価】★★★☆☆(80点)


■著者紹介・・・田宮 俊作(たみや しゅんさく)

 1934年。大学卒業後、父・義雄が経営する田宮商事に入社。
 模型の企画・設計に携わる。77年より社長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: