本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「天皇家の財布」森 暢平

(2007年11月 6日)|

天皇家の財布 (新潮新書)

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■去年、悠仁親王がご誕生したことで、
 女系天皇の議論は終わりになりましたが、


 天皇家のお金はどうなっているんだろう?
 という素朴な気持ちで、
 本書を読み始めました。


■内容としては、お金について調査したもので、
 天皇家のあり方、意味づけまで突っ込んでいないのが
 残念でしたが、


 たんたんと説明する皇室制度とお金の仕組みの中から、
 国会からの制限や、矛盾などがあり、
 戦後のGHQの圧力の幻影を見るような気がしました。


 ・天皇陛下から外国元首へのプレゼントは、
  公費(宮廷費)で用意する・・・国賓の場合、
  100万円単位の品が相手国に合わせて選ばれる。
  一方、外国元首から天皇陛下に贈られるプレゼントは、
  国有財産ではなく天皇家の私物になる(p158)


■あくまで、皇室に係わるお金の話題だけですので、
 物足りない気持ちになりましたが、


 日本国民として天皇家をもっとしるために
 読んで損はない本だと思いました。★2つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・戦前、天皇家の土地、財産を都道府県に下賜したなごりが
  名前に残っている場合も少なくない。一例を挙げると、
  東京都の「上野動物園」の正式名称は
  「恩賜上野動物園」と言う。(p152)


 ・天皇家のお世話にあたる侍従職(定数78人)、東宮職(定数47人)
  で働く侍従、女官以下ほとんどの職員は国家公務員だが、
  これとは別に天皇家が私的に雇用している人たちがいる。
  「内廷職員」と呼ばれる25人である。(p68)


 ・宮廷費がオフィシャル(公的)マネーで、
  内延費、皇族費がプライベート(私的)マネー
  である。(p12)


▼引用は、この本からです。

天皇家の財布 (新潮新書)
森 暢平
新潮社
売り上げランキング: 180267

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■著者紹介・・・森 暢平(もり ようへい)

 1964年生まれ。毎日新聞社入社。
 社会部で宮内庁、警察庁を担当。
 2000年に渡米し、CNN日本語サイト編集長。
 現在は、琉球新報ワシントン駐在記者。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: