「20代会社員の疑問-いま、働くこと」山本 直人

| コメント(0) |

20代会社員の疑問―いま、働くこと

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


■博報堂にて若手の人材育成に取り組んだ著者の、
 サラリーマンという仕事を
 若手にアドバイスするという視点から考察した一冊です。


■サラリーマンは仕事の安定性はあるものの、
 その一方で働くことの意義を見つけることに
 悩んでいる人が多いようです。


 無能に見える上司、つまらない仕事、先に出世する同僚・・・
 若手にとって、グチの一つでも言いたくなる
 ことは多いはずです。


■そうした中で、どう考えれば
 より前向きになれるのでしょうか?


 上司が無能に見えるのは、自分が無能だから・・・
 つまらない仕事があるのは、自分がつまらない人間だから・・・
 同僚が出世するのは上司がそう判断したから・・・


■やはり何か壁にぶつかっているということは、
 自分の考え方に乗り越えるべき壁が
 あるということなのでしょう。


 若手には、それがなかなかピンと来ないのは当然ですが、
 ピンと来る人、来ない人では大きな差となるのでしょう。


 ・後になれば「経験しておいてよかった」ということも、
  気が乗らない当事者にとってはピンと来ないのも当然だろう。・・・
  どうしても焦りが生まれる。その原因は何か。
  実は同僚への嫉妬が関係している気がする。(p26)


■若手の気持ちがちょっとわかる一冊でした。
 著者も本書を書きながら、
 手探りの部分もあったと思います。


 仕事の視点で学ぶべき点がいくつかありましたので
 ★2つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ビジネスの現場は摩擦の連続だ。
  人と人とが異なる意見をぶつけて、
  それを調整しながら事は進んでいく。
  「そんなやり方じゃダメだ」と
  先輩から厳しく言われるところから
  すべては始まる(p98)


 ・まだマネージャーになっていない先輩がダメな場合。
  これはある程度やむを得ないと思う。・・・
  問題はマネージャー層がダメな場合である。
  これは真剣に転職を視野に入れた方がいい。(p82)


▼引用は、この本からです。

20代会社員の疑問―いま、働くこと
山本 直人
PHPエディターズグループ
売り上げランキング: 964634

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


■著者紹介・・・山本 直人(やまもと なおと)

 1964年生まれ。博報堂にてコピーライター、
 ブランドコンサルティング、人材開発を経験して、2004年独立。
 青山学院大学、産業能率大学講師。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)