本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本の死体 韓国の屍体」上野 正彦、文國鎮

(2007年6月 7日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の死体 韓国の屍体

【私の評価】★★★☆☆(73点)


●日韓における死体解剖の権威である
 お二人の対談です。


 日本では病院で亡くなるような場合を除き、
 変死体ということで、検視、解剖が
 行われています。


●ただし、監察医が変死体を確認するのは、
 東京、横浜、名古屋、大阪、神戸であり、
 その他の地方は警察医が確認します。


 しかし、警察医は警察の近くで開業している医師なので、
 それほど能力は高くない
ようです。


・日本の地方の警察医のレベルもあまり高くありません。単に警察の近くで開業している医師ですから。・・・だから地方ではいろいろな事件の見逃しがあって、数年前のあの事故は実は保険がらみの殺人事件だったというようなことがよくあります。(上野)(p107)


●一方、韓国では、
 犯罪に関係すると見られる死体だけが解剖される
 ようですが、国民感情として解剖を忌み嫌うことから、
 医務官は大変な仕事のようです。


 解剖される家族、国民全員が、
 解剖に反対するような雰囲気だからです。


・実は、死体を解剖しようとして斧で殺されかかったことがありました。・・・「死体解剖をすると二度死ぬことになる」と言ってみんなが解剖されるのを忌み嫌うわけです。(文)(p16)


●また、面白いのは、日本は病院で死ぬことが多いようですが、
 韓国では必ず死ぬ前に家に連れて帰るそうです。


 死が近づいたら治療をやめて家に帰るのですから、
 これは一種の安楽死なのかもしれません。


・日本では、病院で死ぬのが当たり前になっていると言うが、韓国人は、家族が病院で死ぬことを極端に忌み嫌う。(文)(p4)


●人の顔形は似ている日本と韓国ですが、
 まったく文化も考え方も違う国ということが
 わかりました。


 まったく知らない法医学の世界と、
 日本と韓国の文化の違いを
 興味深く読みました。★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


韓国では、父母が死んだときに泣き声がでなければ、あの一族は不幸者だと言われてしまうので、涙が実際にでていなくても、「アイゴー、アイゴー」と声をあげて泣く。(文)(p32)


韓国の場合は国民の指紋を全部とって管理していますから、どんな死体でも指紋さえ残っているような状況であればコンピューターを使って三分以内にわかります。(文)(p46)


・日本の高校生が修学旅行に来ていた。・・・先生が今日のスケジュールなどについて話をしていたが、生徒はガヤガヤお喋りをしたりふざけてりして、先生の話など聞いてはいない。それを見ていた掃除のおばさんが、「10年後、日本は滅びるだろう」と言ったというのである。(p212)


▼引用は、この本からです。

日本の死体 韓国の屍体
上野 正彦 文 国鎭
青春出版社
売り上げランキング: 259612

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■著者紹介・・・上野 正彦(うえの まさひこ)

 1929年生まれ。
 1959年東京都監察医務院監察医となり、
 1984年同院長になる。
 1989年退官後は、法医学評論家として活躍。


■著者紹介・・・文國鎮(ムーン・ゴクヂン)

 1925年生まれ。
 1955年国立科学捜査研究所法医学科医務官となり、
 1967年同科長。その後、高麗大学教授などを歴任。
 大韓法医学会名誉会長、高麗大学名誉教授


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: