「デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 」エドワード・ヨードン

|

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


■デスマーチとは、絶対できないスケジュールで
 進むプロジェクトのことです。


 特にこの本ではソフトウエアの開発プロジェクトでの
 失敗を面白おかしく話しています。


 その解決策がないのが残念ですが、
 余裕を確保しながらやっていくしかないのでしょうね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人的資源管理プロセス・・・要求に応じて新人を雇う「雇用」、
 ルーキーが経験を積んでプロになっていく「同化」、
 プロが歳をとって辞めたり死亡して最終的に
 プロジェクトを離れる「退職」(p178)


・デスマーチ・プロジェクトのスケジュールや予算に
 不確定要素が多い場合は、顧客や会社上層部も不確定要素を
 分担するよう依頼すること、断られたらプロジェクト・マネジャーの
 職を辞することも本気で考えよと書いた(p87)


デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
エドワード・ヨードン
日経BP社
売り上げランキング: 32,158

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)