「日本の戦争力」小川 和久

| コメント(0) |

日本の戦争力 (新潮文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


●軍事関係ならテレビでおなじみの
 小川 和久さんの一冊です。


 いつも論理的に破綻のない分かりやすい主張をされる
 小川 和久さんですが、
 この本も分かりやすい一冊になっています。


●この本では、いかに自衛隊が他国を侵略する能力がないか、
 具体的に説明されています。


 自衛隊というものは、
 アメリカ軍をサポートするためにあるものであり、
 逆に言うとアメリカ軍とセットで最強の軍隊となるわけです。


 ・自衛隊にはパワー・プロジェクション(戦力投射)能力がまったく
  欠落している。数十万の陸軍を海を越えて上陸させ、戦争目的を
  達成できるような構造を、もともと持っていない軍隊なのだ。(p55)


●また、防衛庁が防衛省になりましたが、
 安全保障の観点では、
 情報収集を行う危機管理庁の必要性を主張しています。


 昔から「情報」を重要視しない日本の弱点を
 危惧されているようです。


 ・まず国の安全を図るための組織を以下のように作り上げてほしい。
  ・・・基本的に防衛庁(自衛隊)と危機管理庁の二本柱で構成される
  と考えてほしい。そして、両者にまたがる情報活動やテロ対策のような
  重要案件は、首相直属の国家安全保障会議が統括する。(p16)


●防衛庁が防衛省になり、北朝鮮のミサイルが飛んでくるご時勢で、
 日本の防衛はどうなっているのだろう?と疑問に思う人に
 お勧めの一冊です。


 アメリカ抜きでは語れない日本の防衛がわかる一冊でした。
 ★4つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・新聞であれ、テレビであれ、官僚であれ、学者であれ、北朝鮮の脅威を
  いたずらに騒ぎ立てる者は、北朝鮮の軍事的な脅威を軽減させるか
  抑止するための具体的な議論をともなわない限り、「北朝鮮の手先
  同然だということです。(p230)


 ・日本は島国・・・敵がどこから上陸するかを問わず、上陸した敵の裏を
  かいて味方を逆上陸させる能力が必要です。・・・全輸送艦艇がフル稼働
  しても1度に約1万2000人しか運べず、島嶼国家としての作戦能力はないに
  等しい・・・海上自衛隊は、アメリカと組んで始めて完全な能力を
  発揮するわけです。(p49)


 ・米海軍が日本に置いている燃料は、アメリカ本土以外では世界最大規模だ。
  米陸海空軍と海兵隊が日本に置いている弾薬も、アメリカ本土以外では
  世界最大だ。日本にある通信傍受施設も世界最大級なのだ。(p101)


 ・日本で米軍が事件や事故を起こすと、アメリカはただちに最高の顔ぶれで
  謝罪する。ほかの同盟国ではありえないことだ。日本に代わる同盟国が
  存在しないからで、アメリカの謝罪は、彼らから見た日米同盟の重要性を
  象徴している。(p123)


▼引用は、この本からです。

日本の戦争力 (新潮文庫)
小川 和久 坂本 衛
新潮社
売り上げランキング: 41936

【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・小川 和久(おがわ かずひさ)

 1945年生まれ。中学卒業後、陸上自衛隊生徒教育隊に入隊、
 同航空学校を修了。同志社大学神学部を中退後、
 「日本海新聞」「週刊現代」の記者を経て、1984年に
 軍事アナリストとして独立。
 危機管理総合研究所を主宰。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)