「売れるお店の採用・教育・シフト編成・会話術 ダントツ飲食店の繁盛ノート」大久保 一彦 加藤 雅彦

|

売れるお店の採用・教育・シフト編成・会話術 ダントツ飲食店の繁盛ノート

【私の評価】★★★★★(91点)


●どんな商売でもそうでしょうが、その会社が発展していくためには、
 そこで働く人たちがつねにイキイキと効率的に仕事を
 しているということが大事だと思います。


 実際に良いお店に行けば、店員は大きな声でハキハキしているし、
 笑顔とサービスがいい。だからこそ繁盛しているのでしょう。


●この本では、そうした飲食店のスタッフの採用、
 教育、シフト編成、会話術をここまで書くか!というくらい
 具体的に教えてくれます。


 ここまで具体的に書けるというのは、
 著者の力量が並々ならないことを示しています。


 ・面接で効果的な10の質問
  1 あなたが思う「よい接客」とはどんな接客ですか?
  ・・・(p54)


●ミーティングでの会話術や、スタッフへの声がけまで、
 人と人とのコミュニケーションに重点を置いている
 ところに共感しました。


 こうしたスタッフとの意思疎通は、
 飲食店に限らず、あらゆる職場で重要だからです。


●フランチャイズの極秘マニュアルを偶然見つけて
 読んでいるような錯覚に陥る一冊でした。
 安すぎます。★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「自分の分身を作る」ことは、ダントツ・マスターへの
  最初のステップなのです。・・・
  とことん説明して、頼んだことに対しては期限を設けて、
  アドバイスとチェックをし続けなければなりません。
  はっきり言って我慢の連続です。(p98)


▼引用は、この本からです。

<売れるお店の採用・教育・シフト編成・会話術>ダントツ飲食店の繁盛ノート
大久保 一彦 加藤 雅彦
日本実業出版社
売り上げランキング: 87061
おすすめ度の平均: 4.5
5 感謝!!!
1 この大久保は曲者
5 最高に素敵だ!
3 どうした大久保一彦!
4 最近で一番よかった

【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・大久保 一彦

 1965年生まれ。「飲食店繁盛会」主宰。
 約1000店の指導実績と、国内外1万店舗の視察の末に開発した
 「繁盛プログラム」には定評がある。


■著者紹介・・・加藤 雅彦

 1971年生まれ。大学卒業後、1年半のサラリーマン生活を
 経験し、グローバルダイニング入社。退社後、飲食店コンサルタント
 会社「アンドワークス」を設立。
 「飲食店繁盛会」意識・組織ヘッドコーチ。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)