本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。」五十棲 剛史

2006/06/20本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。

【私の評価】★★★☆☆(79点)


●売上2億円までは、社長個人が
 頑張れば達成できる数字です。


 それに対し、売上10億円を達成するためには、
 社長個人から会社という組織で
 仕事をすることが必要となってきます。


 組織で仕事をするというとは、
 仕事を分業するということです。
 商品開発⇒(店舗)⇒集客⇒営業⇒実務⇒アフターフォロー


・集客は組織の仕事になります。・・・
 つまり、マーケティングの流れにおける
 スタートである見込み客リスト集めは、・・・
 会社の仕事なのです。(p98)


●そのように社長が仕事の第一線から身を引き、
 組織で仕事をするようになると、
 組織の理念が必要になってきます。


 つまり、社員が仕事をしていくうえでの
 判断基準が必要となるのです。
 それが社長の理念、企業理念ということです。


 ・自分の中から湧き出てくるもの、
  が理念になる(p261)


●そうした理念を浸透させるためにも、
 社員評価は理念を基準とし、
 社員教育もできれば社長自身が行う必要があります。


・私はスキルや職能ではなく、
 企業理念で社員を評価することをお勧めしています。
 自社が掲げているミッションや行動規範に沿った行動、
 言動をしてきたか、を中心の軸に置いて
 評価するのです。(p242)


●さすが「イソミズ・マジック」という印象を受けました。
 具体例が少なかったため、★3つとしますが、
 五十棲 剛史さんの書籍は、今後すべてフォローしていきます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・クライアントには「中小企業だからこそ、社長自身が社員教育を
  するべきだ」と言っています。社長が社内でもっとも優秀な
  人材だからこそ、人材教育は社長の大事な仕事です。(p78)


 ・採用もマーケティングであると考えてください。これまで
  紹介してきたマーケティングのスキルを活用して、
  社員という"お客様"に自社を買ってもらうのです。(p191)


 ・企業は30名規模まではトップ1人だけで運営していく
  「ナベブタ型組織」で十分動きます。30名ぐらいまでだったら、
  社長1人で細部まで目が届くということです。(p230)


▼引用は、この本からです

売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。
五十棲 剛史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 15814
おすすめ度の平均: 5.0
5 社長は営業の現場を離れろ!
5 中小企業にはおすすめです!
5 中小零細の必読書
5 零細企業の2代目、3代目におススメしたい。
5 ここまで持っていくのが理想の企業への道

【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・五十棲 剛史(いそずみ たけし)

 船井総合研究所執行役員。
 主にリフォーム会社、ビルダー、住宅関連メーカーの他、
 広告企画会社、人材関連ビジネス、ITビジネスなど
 ベンチャー企業の業績アップを手がけている。
 短期間で業績を向上させる手腕は、「イソズミ・マジック」と呼ばれる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: