「顧客と語らえ!クイジング入門」弘中 勝

| コメント(0) |

顧客と語らえ! クイジング入門

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●かつて、よく見かけた新製品のクイズキャンペーンですが、
 著者は、そうしたキャンペーンは
 効果が少ないと切って捨てます。


・当社の製品は、「○○○○ビスケット」・・・
 こういうクイズ企画しか思いつかない方は、
 意識が古いと自覚しなければなりません。(p61)


●それはクイズ自体を否定するのではなく、
 ちょっとした「ひねり」が
 足りないということです。


 では、その「ひねり」とは何かといえば、それは、
 直接、商品をPRしないということです。


・1つ目の知識を投げかける(1問目で知識欲を喚起させる)
 2つ目以降の知識の流れを作る(2問目、解説文など)
 訴えたい商品知識を流れの上に置いておく
 (ここで初めてアピール)(p77)


●具体的には、紅茶を売りたい場合は、
 次のような流れとなります。


・最も優れた紅茶のみに与えられるイギリスの賞の名前は何でしょう?
 正解は「・・・」です!・・・その最高勲章を受章した紅茶を
 日本でも飲めるんですよ。知っていましたか。(p70)


●こうして、「賞」という関係ないものに
 読者の興味を集めておきながら、
 最後に商品である紅茶に話題を振るわけです。


 もう少し良いクイズの例があれば分かりやすいかな~という
 ことで、★2つとしました。


●著者のメルマガ「発想源」が面白いので、その期待感から
 ちょっと厳しめの評価になってしまったかもしれません。
 それだけ、このメルマガはお勧めですよ。


メルマガ「ビジネス発想源」


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「その10個の答えをすべて答えよ」というクイズ問題よりも、
 10個のうちの答えを9個まですでに公開しておいて、
 「あとの1つは何でしょう?」という出題をしたほうが、
 回答率は爆発的に上がるのです。(p101)


・Q&Aは重要な顧客コミュニケーションツール(p104)


・子供向けのクイズ企画では、このキャラクターが出題をし、
 最後に解説をしてくれるという形式にしました。・・・
 応募時のアンケート記入率が飛躍的に上昇したのです。(p188)


顧客と語らえ! クイジング入門
弘中 勝
現代書林 (2005/09/14)
売り上げランキング: 993
おすすめ度の平均: 4.17
5 双方向のコミュニケーション
2 一億総コンサルタントの一人
5 稀に見る、繰り返し読みたくなるビジネス書

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●著者紹介・・・弘中 勝

 精密機器メーカー、ゲーム会社を経て、ウィンビットを設立。
 クイズプロデューサーとして、PR戦略などのコンサルティング
 を行っている。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)