「マネー・ボール」マイケル・ルイス

| コメント(0) |

マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


●阪神の藪投手を獲得した大リーグの
 アスレチックスは、少ない資金で
 強いチームを作れる不思議な球団です。


 実は、選手の評価基準に秘密がありました。


・なぜアスレチックスはこれほど強いのか?
 どこに秘訣があるのか?
 資金力が最下位クラスでありながら・・(p5)


●その評価基準は、まず、打者については、
 "出塁率"を最重要指標としています。


 つまり、ヒットと四球です。


・1995年までに、アンダーソンは、
 出塁率というたった1種類のデータを軸にした
 新たな"球団文化"を作り上げた。・・・
 ボール球に手を出す癖が一番悪い。
 堂々と見送って四球で出塁することが、
 なにより賞賛に値する(p87)


●次に投手については、バットに当たったら
 あとは「運」と考えます。


 つまり、それ以外の与四球、被本塁打、
 奪三振で投手を評価します。


 被安打率や失点は運が決めることであり、
 評価しないのです。


・与四球、被本塁打、奪三振あたりは、
 増減の波が小さい・・・
 ホームラン以外のフェア打球は、
 ヒットになろうとなるまいと、
 投手には無関係なのではないか?(p304)


●そして、攻撃においては、
 バント、盗塁、ヒットエンドランは
 アウトを増やす可能性を高めるだけあり、
 厳禁です。


 ・バント、盗塁、ヒットエンドランなどは、
  たいてい的外れか自滅行為だとわかった。(p84)


●アスレチックスは、
 このように正しい指標に基づくデータ分析により
 選手を獲得していった結果、
 他球団が見落としていた地味ですが、
 勝利に貢献する選手を獲得することが
 できたというわけです。


・チームの勝利にとっては守備力より攻撃力が
 はるかに重大、というかねてからの信念が、
 コンピュータのおかげで裏打ちされた(p178)


●データ分析と、正しい評価指標。
 本当は会社の人事こそ、
 必要とするものなのでしょう。


 評価基準の大切さが分かる本として
 ★3つとしましたが、
 野球が好きならば必読です。
 野球の見方が変わりますよ。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ポールは新たな疑問にかられた。
 出塁率と長打率はどっちがどれぐらい重要なのだろう・・
 試行錯誤の末、いままでになく正確に
 チームの得点力を表せる数式を発見した。
 出塁率と長打率に3対1の比重を
 与えればいい(p168)


・ドラフトの歴史を調べたところ、
 《高校生選手より大学生選手を
 指名したほうが、はるかに、
 笑ってしまうほどはるかに、
 価値のある投資といえる》
 ことがわかった(p129)


マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)
マイケル・ルイス
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 5041
おすすめ度の平均: 4.5
5 思考と生き方のためのマニュアル
5 野球好きなら絶対にお薦めの本です。
4 プロ野球の見方が変わる・・・かも
5 傑作
5 baseballへの片思い

【私の評価】★★★☆☆(78点)



●著者紹介・・・マイケル・ルイス

 大学卒業後、ソロモン・ブラザーズで債権セールスマンとなり、退職後、
 その体験を書いた「ライアーズ・ポーカー」でベストセラー作家となる。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)