本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「前例がない。だからやる!」樋口廣太郎

(2004年5月19日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前例がない。だからやる! (講談社プラスアルファ文庫)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


●アサヒの経営者の本を読むと、
 実は革新的なことは全て樋口さんがやっているのではないか
 と思ってしまいます。


 スーパードライの開発、古いビールの一掃、
 積極的な広告。本当はどうなんでしょうか。
 誰か教えてください。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私はアサヒビールの顧問になると、
 さっそくキリンビールの小西秀次会長(故人)と
 サッポロビールの河合滉二会長(当時)に
 ごあいさつに伺いました。
 そして、率直に「アサヒビールの、どこが悪いのか。
 どうすればいいのかを教えてください」と伺ってみました。
 ・・・小西さんは「あなたのところは、
 もうちょっといい原材料を使ったほうがいい」といわれ、
 河合さんには「お宅には古いビールが多いようだが、
 ビールで大事なのは新鮮さ、フレッシュ・ローテーションだよ」
 というありがたいアドバイスをいただいた。(p18)


<ライバルに自分の欠点を聞きに行く人も行く人だが、
 素直に教えてあげる人もあげる人。
 さらに、そのアドバイスに素直に行動してしまう樋口さんはすごい>


・営業で稼いだお金は広告宣伝に使え(p34)


<「超営業法」という本にも同じような考え方があったような>


・実は、マーケッティング部からドライビールの開発申請が出てきたとき、
 役員会で二回否定しています。
 私はビールの素人だし、技術担当役員に
 「辛口のビールなんて聞いたことがない」と説明されていましたから、
 私自身、はじめは否定的で「ダメだ」といいました。(p62)


<こうやって、アイデアはつぶれていくんですね。
 それでも、執拗に研究を続けた研究者の人はスゴイ>


・朝、エレベーターに一緒に乗っても、
 社員は誰もあいさつをしてくれません。・・・
 私は毎朝、わざと10回ぐらいエレベーターで上がったり下がったりして、
 乗ってくる社員に「おはようございます」と声をかけました。
 乗り合わせた社員があいさつをしないと、エレベーターから引っ張り出して
 「オレがあいさつしているのに、なぜ黙っているんだ」と
 面と向かって一人ひとりに注意しました。


<社長からこれをやられたら、たまりませんが、
 だれかがやらなくてはならない仕事なのでしょう>


前例がない。だからやる! (講談社プラスアルファ文庫)
樋口 広太郎
講談社
売り上げランキング: 472185
おすすめ度の平均: 4.5
4 こんな経営者と仕事をしたい
5 とにかく愉快な一冊。

【私の評価】★★★☆☆(76点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: