消費者には日産の社内事情なんて全く関係ないのです

| コメント(0) |

まるわかり 働き方改革 (日経BPムック)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


考えてもみてください。消費者には日産の社内事情なんて全く関係ないのです。彼らが日産に求めているのは魅力的な車,優れた技術,高い品質,良いサービス,安い価格なのです。(カルロス・ゴーン)

日経ビジネス2000年11月13日号」


●自動車の部品の大部分は
 子会社が生産しています。


 つまり、親会社は車を企画し、
 部品を組み立てているだけのようなものです。


●そのような構造のなかで、
 子会社はトヨタを厳しいが暖かい、
 日産は優しいが冷たいと表現していました。


 消費者の求める安く良い車、
 部品を子会社に厳しく求める
 トヨタグループは発展し、
 日産は倒産の淵にまで追い詰められたのです。


まるわかり 働き方改革 (日経BPムック)

日経BP (2018-06-28)
売り上げランキング: 73,980

【私の評価】★★★☆☆(70点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)