「「見える化」のことが面白いほどわかる本」正木 英昭

| このエントリーをはてなブックマークに追加

その考え方から業務改革に活かす工夫まで業種を選ばない実践ポイント68「見える化」のことが面白いほどわかる本 (知りたいことがすぐわかるPLUS)

【私の評価】★★★★☆(88点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■見える化は、トヨタで生まれ
 育った現場経営の手法です。


 現場の状況や課題への取り組みを
 壁に貼ったり、表示して、
 見えるようにする。


 当たり前のようですが、
 当たり前のことができていない
 職場が多いのではないでしょうか。


・見える化の目的は、「役立つ情報を
 タイミングよく提供して管理・改善活動を
 推進し、利益体質の儲かる会社にすること」
 です(p24)


■見える化するのは、
 職場の目標です。


 具体的な目標があり、
 現状が数字やグラフで見える化され、
 具体的な打ち手がある。


 誰でもひと目でわかる形で
 表示しているので、
 経営層でも一目見て現状を
 確認することができるのです。


・マイナス情報を浮き彫りにし、
 そのプロセス(内容、原因、対策、
 結果、歯止め、水平展開)も、
 リアルタイムに近い形で明示する(p62)


■怠け者には絶対に
 受け入れたくない
 「見える化」だと思いました。


 なぜなら、良いも悪いも
 はっきりわかるからです。


 無能な人にとっては
 見えない標語やスローガンが
 絶好の隠れ蓑なのです。


 正木さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・文書化するポイントは次の通りです。
 1絵や写真を多用する、
 2カラフルにする、
 3大きく見やすくする(p40)


・目標管理が根幹にあり、
 その効果的・効率的な実現に
 役立つ情報を表示する(p62)


・問題点に「優先順位」を付ける(p80)


・人財活動の見える化・・
 1 職場ごとに人別「スキル(技能)マップ」
   をつくり、スキルの棚卸しをします
 2 ・・誰にどのスキルを優先して習得
   してもらうかを計画します
 3 いつ、どのくらいの期間で、どのレベルまで」
   教育・訓練するのか、実施計画を立てます
 4 計画通り実施し、目標を達成したかどうかを
   検証します(p105)


・ポカヨケでダメなら3つの歯止めを実行・・
 歯止めは、1文書化、2教育・訓練、
 3フォローの3つで完成(p128)


・成果・問題の「水平展開」の
 大切さ(p130)


・目標管理をはじめ大事な資料は、
 「ファイルにしまうな、
 ボードに貼れ」です(p137)


・顧客管理の見える化(自動車販売店の例)・・
 K社では、顧客が車で来店する予定時刻と
 用件、車種・ナンバーを一覧表で見える化
 しています・・このツールのおかげで、
 店の誰でも、顧客に名前で話しかける
 ことができます(p29)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(88点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 基本編その1 そもそも「見える化」ってどんなもの?
第2章 基本編その2 導入のためにやるべきこと、やってはいけないこと
第3章 実践編その1 何を見せるか?―「見える化」ポイントの絞り込み
第4章 実践編その2 見えたあとにどうするか?―「見える化」を行動につなげる
第5章 「見える化」を成功させるために


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)