「多田駿伝:「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念」岩井 秀一郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

多田駿伝: 「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念

【私の評価】★★★☆☆(71点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■日中戦争の中で参謀本部次長、
 支那駐留軍司令官などを歴任した
 多田駿という男がいました。


 多田は参謀次長として、
 中国との戦争回避に努めましたが、
 大臣らは中国との戦争拡大を主張し、
 日中戦争は拡大していきました。


 東北の人らしく
 自分の意見を落ち通す力と喧嘩が
 弱かったのかもしれません。


・近衛は・・自分の出した「対手とせず」声明を
 明らかに失敗だったと認めている・・
 参謀本部の一部に残っていた
 「不拡大派(和平派)」はその後、
 河辺作戦課長の更迭や
 多田の転出を機に勢力を失い、
 武藤章や東條英機ら「拡大派(強硬派)」が
 陸軍中枢を独占するようになる(p33)


■中国での経験が長く、
 中国人の友人も多かったようです。


 中国人というものを理解し、
 表面的な親日家は排除し、
 本当の意味での親日家を
 育てることを主張してます。


 また、
 謀略では中国人にはかなわない、
 と発言するなど、
 現実を直視して方針を考える人だと
 思いました。


・(多田は)軍閥の実力者に頼ることを批判し、
 中国人の中でも「職業的親日家」と呼ばれる
 ような人物たちに注意を促している。
 日本に迎合し、日中の親善提携と言いながら、
 結局自分たちの利害で動く中国人は、
 排除したほうがいいというのである(p81)


■多田駿は、
 太平洋戦争前に退役しています。


 見識が高くても、
 権力を持たなければ
 組織は動かせません。


 石原さんは性格が悪くて
 権力を持てなかった、
 多田さんは性格が良すぎて
 権力を持てなかった
 ように感じました。


 岩井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・多田参謀次長の「[中国側の対応は]脈なしと断定せず、
 脈あるように図るべきである」という提唱は、
 日中の和平を願い、国運を憂える至誠の声であったが、
 時の大勢はこれを圧殺した・・
 軍部両大臣からさえ反撃され、
 参謀本部首脳も政府との決定的衝突を好まない以上、
 次長としては孤立無援、すでに勝敗あり、
 無念だったであろう(松浦義教)(p153)


・参謀本部の和平意見を紹介したが、
 これに対して近衛は反対して、
 「今さら和平をやっていかぬ。
 そんなことでは政治は出来ないし、
 自分の政治生命はなくなる」
 といった(p160)


・日中戦争には様々な要因があるが、
 多田はその一つとして、
 日本人の振る舞いに対する
 中国人の反発を挙げている(p62)


・この非常時に欠かせない人物であるはずの石原について
 「欠陥もあるが、他人の及ばぬ長所がある人[石原]を
 [陸軍が]許容できない」ので「悲喜こもごも」
 としか言えず、戦地からの手紙では
 批判的なことを言うのは慎む・・(多田)(p247)


・米内光正海相の日記にも「同日の連絡会議において、
 陸軍大臣[杉山元]と参謀次長[多田駿]との大衝突が
 あった」とその様子が記されている。まるで第三者
 のような書き方だが、すでに見てきたように、
 米内自身が多田に対してい「交渉打ち切りか、
 さもなくば内閣総辞職か」と迫っていたのである(p155)


・容疑蟄居中、父(多田駿)は縁のあったシナの要人達が
 次々といわゆる漢奸として処刑されていく報道を聞き、
 もしそれらの人々が政府主脳として日本軍に対処する
 ことがなければ、一般民衆はどうなっていたか、
 許されるならば、行って弁護して上げたいと
 述懐していた(p280)


・可哀相なのは支那の民衆だ。支那軍と来たら
 後方部隊というものがないから、行った先々で
 糧食はおろか寒くなれば衣類まで徴発する。
 それがまるで強奪だ。人民たちは餓死しやせんかと
 同情に耐えんのだよ(多田)(p111)


・満州国軍は、昨年満洲建国と共に
 中央に統一さられ、国家の軍隊と
 なりしものなるも、その大部分は
 もともと東北四省における各軍閥の
 頭に属せる私兵なり。
 支那は昔より文を尚(とうと)び、
 武を軽んぜる国柄なるため、
 雇われて兵となるものは、
 素質不良の者多く・・(p55)


・軍人らしからぬと評されていた陸軍大臣は、
 自宅のほかには資産らしい資産を何も残さずに
 死んでいった。ただ、家の中には多量の蔵書や
 資料などが残された(p288)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


多田駿伝: 「日中和平」を模索し続けた陸軍大将の無念
岩井 秀一郎
小学館
売り上げランキング: 77,402

【私の評価】★★★☆☆(71点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ "終の住処"を訪ねて
序章 参謀次長の涙―「日中和平」ならず
第1章 「弱い者いじめ」が大嫌い―仙台から満洲・天津へ
第2章 不拡大派"最後の砦"―「中国通」参謀次長の本懐
第3章 失われた良識―熾烈な権力抗争の中で
第4章 幻の陸軍大臣―東條英機の対極として
第5章 房総での閑日月―自責の念を抱えた将軍
終章 相馬御風への手紙―良寛を介して溢れる心情
エピローグ 友とともに


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)