「井村雅代 不屈の魂: 波乱のシンクロ人生」川名 紀美

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

井村雅代 不屈の魂: 波乱のシンクロ人生

【私の評価】★★★★☆(83点)


■日本のシンクロナイズドスイミングは
 1984年ロスから2004年アテネ五輪まで
 メダルを獲得。


 ところが、
 2008年北京と2012年ロンドンでは
 メダルを獲れず、
 2016年リオでデュエット、チームで
 銅メダルを奪回しました。


 実は、北京とロンドン大会では
 川名 紀美さんは中国チームを指導して
 メダルを獲得しているのです。


 つまり、川名さんが指導したチームが
 メダルを取っているということ。


・2004年8月・・井村は正式に
 引退の意向を告げたのだが、・・
 「あなたの家内工業ではなから」
 と言われて驚いた・・
 一緒に指導に当たるコーチたちからは
 「とてもついていけない
 と連盟に訴えが届いた(p40)


■日本チームが川名さんを手放したのは、
 一日12時間とも言われる
 厳しい練習に不満が噴出したこと。


 ほとんど手当もないのに、
 朝から晩まで厳しい練習に
 付き合うのはコーチも大変でしょう。


 川名さんのように
 がむしゃらにやらなくても
 メダルは取れる・・と思っていたら
 そんなに甘い世界では
 なかったのですね。


・あの子たちは死にもの狂い、とか、
 がむしゃらにやる
、とかいう体験を
 初めてしたんとちがうかな。
 そして勝ったときの達成感や
 日の丸を背負う醍醐味も味わった。
 ちょっとは世界で戦う
 選手らしくなりました(p37)


■井村さんは中国チームを指導することで
 売国奴と言われたそうですが、
 井村さんは日本を指導したかった。


 ただ、日本側がコーチ陣の不満もあり
 井村さんに日本代表の指導を
 オファーしなかっただけなのです。


 ただ、領土問題などで漁船体当たり、
 中国の日本企業焼き討ちなどがあり
 タイミングが悪かったですね。


 川名さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・一つのものをよくしようとして
 何かを変えると、初めは下手になる。
 練習を重ねてそれを乗り越え、
 上達していくんです。・・
 悪いところを全部直そうとすると、
 全部が途中半端になってしまう(p23)


・スポーツっていうのは、勝たせてやって
 なんぼやと思うんです。
 格好悪いコーチはお前が悪い、と
 選手のせいにして勝たせてやらない人。
 ほんとうに上手にしてやり、
 目標を達成させてやると、
 選手は必ず変わります(p58)


・(中国では)本音で生きる大阪人と、
 どこか相通じるものがあった。
 隙あらば手を抜こうとする要領の良さもご愛敬だ。
 「先生、もっといい振りを考えた」
 と提案してくるのは、
 たいてい楽をするための変更だ(p68)


・独立してからはプールをみつけることが
 一層困難になった。「井村にプールを貸すな」
 二人の高校生を引き受けたことが
 選手の引き抜きと受け止められて、
 古巣の浜水から大阪府内のプール事業者に
 そんなお達しが回ったらしかった(p125)


・井村は怒鳴るだけでなく選手に
 伝えたい言葉をその都度、
 ホワイトボードに書きつけてきた
 「練習はうそをつかない」
 「自分の可能性を信じよ」
 「毎日、一ミリの努力をしよう」(p240)


井村雅代 不屈の魂: 波乱のシンクロ人生
川名 紀美
河出書房新社
売り上げランキング: 126,544

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 日本復活
第2章 中国へ
第3章 運命のシンクロ
第4章 居場所はどこに
第5章 ロンドン、心ひとつ
第6章 織り成す人生
第7章 リオ~東京



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む