「自分に合った脳の使い方」石川大雅

| このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った脳の使い方

【私の評価】★★★★☆(80点)


■十人十色といいますが、
 個性的な自分という存在をどうすれば、
 使い切れるのでしょうか?


 この本では、
 自分に合ったビジョンを作り、
 能力を発揮させるための
 方法を教えてもらいます。


 まずは、ビジョンからですね。


1つのビジョンに対して、
 目標は複数設定
すると効果的だ
 とお伝えしています(p28)


■人はそれぞれ個性的であり、
 個性は一方から見れた長所であり、
 反対から見れば短所となる。


 では、短所に見える部分は
 どうするのか。


 それは、短所となる部分を認識し、
 致命的な失敗をしないよう
 うまく付き合っていくしかない。


・うまくいかないときは、
 失敗人格が出ているだけ・・
 その失敗人格と上手に付き合っていく術を
 身につければいいだけなのです(p48)


■そうした短所の影響を最小限としながら、
 自分の個性を最大限活用する道を探します。


 自分の得意なことは何なのか。
 これまで簡単に成果を出せたことは?
 何にワクワクするのか。


 英語が多く出てきますので、
 これらは海外の手法なのでしょうか。


 石川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・実践ステップ1・・
 成功人格の一日を書き出す・・
 どんどん物語を修正していきましょう(p158)


・限られた時間やエネルギーを
 効果的に活用するためには、
 「何を優先して取り組むのか?」を
 決めることがとても重要です(p94)


・「行動が目的に沿っているか」を
 常に確認する(p99)


・「失敗人格」の典型例・・
 自分の意見を主張しない・・
 過去に自分の意見を主張して嫌な面いをしたり、
 否定された体験があるから、
 そう考えてしまうのです(p183)


・失敗人格に生々しいネーミングをつける・・
 あなたの失敗人格に対する自覚の度合いを
 高めるための工夫の1つです(p229)


・「個人史」を明らかにすることで
 自分自身の天才性を
 発見することができます(p250)


・「もしかしたら、自分には○○のような
  天才性があるのかもしれない」
 という仮説を立てる(p262)


・天才性を発揮する
 「場」がなければいけません(p305)


自分に合った脳の使い方
石川大雅
フォレスト出版 (2016-04-08)
売り上げランキング: 4,311

【私の評価】★★★★☆(80点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章:なぜあの人は、いつも成果を上げ続けているのか?
第2章:絶対に失敗する脳の使い方
第3章:自分の「成功人格」を自覚する方法
第4章:自分の「失敗人格」に適応する方法
第5章:自分の「天才性」を発揮する



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)