「優れた社長は、コンサルタントをどう使うのか?」五藤 万晶

| このエントリーをはてなブックマークに追加

優れた社長は、コンサルタントをどう使うのか?

【私の評価】★★★★☆(86点)


■コンサルタントほど、
 価格と成果がわかりにくい業種は
 ないでしょう。


 多額のコンサル費用を払って、
 社内が混乱し、
 倒産しそうになることもあれば、


 たった一人のコンサルタントで、
 売上が倍々ゲームで増えていく
 ということもあるのです。


・コンサルタントに依頼する本質は、
 遠回りせずに自分たちで先端の仕組みを構築する、
 その時間を買っている
ということです(p105)


■コンサルタントを雇うときの
 ポイントは、
 目的をはっきりさせること。


 どういった仕組みを
 どれくらいの期間で
 作ってもらうのか。


 この目的がはっきりしていれば、
 コンサルタント選びで間違う
 可能性が減るのです。


・自社にどういった新しい仕組みを構築することで、
 事業の成長を加速させるか・・
 この目的の明確化こそが、
 成果を確実に引き出していく
 重要なポイントなのです(p96)


■コンサルタントは高くない!


 ただし、目的に合った
 良いコンサルタントを
 選んだ場合のみ。


 コンサルタントのコンサルタント
 だけあると感じました。


 五藤 さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・こうした専門コンサルタントの仕事は、
 「儲かる仕組み」をつくることです。(p5)


・コンサルティングを頼んだ意味・・・
 1「自社にノウハウが蓄積すること」
 2「自分たちで考えること」
 3「自分たちで回せること」(p101)


・コンサルティングの実施期間や回数・・
 ノウハウを体系化していれば、
 過去の経験から、期間的なことは
 言えるものです(p107)


・「仕組みが回っているかどうかの確認やメンテナンス」を
 主旨とした、年に3、4回くらいの定期検診の契約を
 されることをお薦めしています(p110)


・研修が大きな効果を発揮するのは、
 組織やラインがしっかりできているときです


・社員同士であれば、「いま、この仕事は大切です」とか
 「あっちの部署に言われたくない」など、
 揉めることが多いのですが、ここも外部の
 コンサルタントを入れたメリットが光ります(p24)


・評価制度は、あくまでも公平性の確保が重要であるため、
 「外部専門家の設計と判断」ということを明示することで、
 多くの人に納得してもらいやすくなります(p64)


優れた社長は、コンサルタントをどう使うのか?
五藤 万晶
かんき出版
売り上げランキング: 34,858

【私の評価】★★★★☆(86点)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1章 優れた社長は、売れる仕組みづくりを依頼する
2章 優れた社長は、拡大再生産の仕組み化を依頼する
3章 コンサルタントの活用で成功する7大ポイント
4章 コンサルタント活用が失敗する原因
5章 コンサルタントを使うときの相場
終章 ノウハウを活用できる企業が、事業を急成長させる


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

googleのお薦め

>月別(2002年7月~)