「40代で後悔しないためのカスを掴まない技術」大坪 勇二

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

40代で後悔しないためのカスを掴まない技術 (角川フォレスタ)

【私の評価】★★★★★(91点)


■新日鉄経理マンからソニー生命の
 フルコミッション営業に飛び込んだ
 大坪さんの一冊です。


 大坪さんが分かったのは、
 人の心は、

 「依存」→「自立」→「相互依存

 と成長していくということ。


 心の成長により
 手取り月収1655円から
 手取り月収は1000万円を突破しました。


 心が成長すれば、
 富も名誉も幸福も手に入るのです。


・口を出したくなる気持ちをぐっと抑え、
 指示するのではなく自分で考えさせ
 自分で気づくように導き、
 困ったときだけ相談に乗る、
 というスタイルに変えて3ヶ月もすると、
 ささやかな変化が表れ始めます(p182)


■人は「自立」したときに、
 一つの壁にぶつかります。


 つまり、自分は優秀な人間であり、
 出世もし、部下もいる。


 役職がつき、収入も増えたが、
 職場で人間関係が悪くなったり、
 家庭の雰囲気が悪くなったり。


 これが「相互依存」に進むための、
 神様が準備した宿題なのです。


・あなたは自立の道を順調に上がってきました。
 努力と経験を重ねて本当の力量をつけてきたのです・・・
 しかし外から見て分かりにくい問題が
 起こっている場合があります・・・
 社員との信頼関係が揺らいできて、
 退職したりしがちなのもこのころ(p163)


■ちょうど私にぴったりの一冊だったようです。


 人は心の成長に従って、
 ぴったりの宿題をもらうのですね。


 そしてその宿題をクリアすると、
 また次の宿題があるのでしょう。


 ワクワクしてきました。


 大坪さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・致命傷を負わない程度のカスなら
 思い切って掴むくらいのリスクは負い、
 できるだけ短期間に経験値を積むことに集中する(p28)


・人間は感情の生き物。
 お金持ちほど、また高学歴のエリートほど、
 感情で決め、そして理屈で納得します(p104)


・ビジョンを言語化して発信すること(p183)


・感情を整える・・・
 機嫌がいいから、成功と幸福を引き寄せる(p187)


・成果にフォーカスするのではなくて、
 行動にフォーカスする・・・
 週15面談・・・これを継続している人で
 成功していない人に会ったことがありません(p130)


・信用できるお客様から
 信用できる見込み客を紹介してもらう・・(p219)


・「紹介されやすい理由を作っておく」こと。・・
 「紹介してほしい人の具体的な人物像」を
 相手に伝えること(p221)


・人物の評判などを複数の人から証言を取った上で
 つなぐようにしました。私の場合
 「人柄」についての評判に絞り込みます。
 「周囲にきちんと配慮しながら行動できる人か」
 「状況が悪くなったときに態度を
 変えるような人ではないか」(p158)


40代で後悔しないためのカスを掴まない技術 (角川フォレスタ)
大坪 勇二
KADOKAWA/角川学芸出版
売り上げランキング: 117,206

【私の評価】★★★★★(91点)



■目次

「カスを掴まない」とはどういうことか
「カス」を掴まない実践テクニック
社会人入門編(修業期から独立期へ)
社会人中級編(独立期の仕事編)
社会人中級編(独立期のお金と人間関係)
社会人上級編(独立期から幸せな成功期へ)
会社・組織編
確信犯編


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む