「車イスが教えてくれたありがとう」長谷川 泰三

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

車イスが教えてくれたありがとう

【私の評価】★★★★★(91点)


■この本では、

 自殺寸前でセラピーに参加し、
 自殺を思いとどまり、
 心理カウンセラーとして活躍するまでの
 著者の道のりを教えてもらえます。


 そして、

 著者はカウンセリングによって
 「もう死にたい」という人を
 どうやって助けるのか、

 ということも
 教えてもらえます。


・「死ぬ前に、一度でいいから人の役に立ってみろ!」
 と一喝され、私は平さんのグループセラピーに参加(p36)


■人は自分が与えられた苦しみによって、
 自分を責め、人を呪い、
 それを周囲の人にも及ぼしてしまう。


 本当はちょっとした見方を変えると
 苦しい状態から抜け出せるのに・・


 厳しかった両親の本当の気持ちに気づくと、
 自分を責める気持ちから
 抜け出すことができるのに・・・。


 そうしたきっかけを与えるのが
 心理カウンセラーなのです。


お父さんの若いころをイメージしてください・・・
 どんなお父さんが見えますか?
 「一生懸命働いている親父が見えます。・・・
 「なぜ、そんなに一生懸命働いているのでしょう?」
 「わかりません・・
 「・・聞いてみてください・・お父さんは何と答えましたか?」
 「・・」
 「こっ、子どもがいるんだ。あの子のために
  がんばらなきゃいけないって・・」
 Hさんは涙を流し始めました(p197)


■人というものは、
 頭がいいようでそうでもない。


 自分の気持ちがわかっているようで
 わかっていない。


 人の心の複雑さを感じました。


 そしてまた、ちょっとした考え方で、
 人生が変わるほど変わることがある。


 日本でも心理カウンセラーが
 求められているのでしょう。


 長谷川さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・『助けて』と言おう(p54)


・わかったのは、北陸には勤勉でまじめ、
 泣き言を言わない気質の方が多いこと。
 「人に迷惑をかけるくらいなら死ぬことを選ぶ」
 という考え方も大勢いました。(p105)


・人に迷惑をかけてしまったから自分を責めるというのは、
 本当は『人の役に立ちたい』と思っていること。
 けれど、役に立つどころか迷惑をかけているから、
 こんな自分は最低だと思って死にたくなる(p61)


・お母さんも子育てが苦手だったんだ。
 その中で僕を育ててくれたんだ」
 自分が経験して、やっと母親の気持ちが
 わかったのです・・
 僕が小さいとき、苦しかっただろうに
 僕を育ててくれてありがとう(p71)


・自殺したいと思う方は、私の神経痛と同じような
 痛みを心で感じ、それから逃れて楽になりたいために
 死を選ぶのではないかと思うのです(p55)


・自分のポッコリしたお腹をどう感じているかによって、
 「お腹!」と言われる現実は変えられなくても、
 「自分はダメだ」「自分は素敵」と、
 自分に対する考え方が違ってくるのです(p118)


・・・お父さん、お母さんの若いころの目になって、
 子どものあなたを見てください・・・
 お父さん、お母さんの心がわかりますか?
 あなたの笑顔を見て疲れが癒され、
 愛で満たされていくのが感じられますか?(p166)


車イスが教えてくれたありがとう
長谷川 泰三
あさ出版
売り上げランキング: 143,690

【私の評価】★★★★★(91点)

■目次

第1章 苦しみから抜け出すために
第2章 私を救ったカウンセリング
第3章 駆け出しのカウンセラー、苦悩の日々
第4章 独立と挫折、そして再起
第5章 罪悪感を、手放そう
第6章 心の苦しみと向き合う
第7章 転機となった交通事故、出版、ドラマ化へ


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む