「何があっても一家4人を食わせていくだけのお金を稼ぎたいならスモールビジネスをやるしかない 」中村裕昭

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

何があっても一家4人を食わせていくだけのお金を稼ぎたいならスモールビジネスをやるしかない

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■着物リサイクルビジネス、放置自転車ビジネスを
 手がける著者からのスモールビジネスへの
 アドバイスです。


 著者の場合は、
 リサイクルビジネスで成功しています。


 失業しても
 サラリーマン時代くらいの
 年収を確保できる自信があれば、
 安心ですね。


・リサイクルビジネスは、1つの商品で、販売、
 オークション、輸出、レンタルなど
 キャッシュポイントをつくりやすい
 ビジネスでもあります(p150)


■やはり、ノウハウが少し必要で、
 かつ、手間がかかるので
 大企業は入りにくいという
 バランスが必要なようです。


 そうしたビジネスモデルを
 考えなくてはなりません。


 そして、考えたビジネスを
 小さく実験して確かめるのです。


・スモールビジネスでは、取り返しのつかない失敗は
 避けなければなりません。・・・
 だから、小さくテストをし、
 反応を見ることが大切なのです(p194)


■やはり商売というものは、
 そんなに簡単なものではないと思いました。


 それでも、最低限サラリーマンの給与程度は
 稼げる実力を持ちたいものです。


 サラリーマンとしても
 プロなのですから。


 中村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・昔ながらの街の美容室が、
 なぜ長年続いているかというと、
 昔からのお客さんがずっと付き合って
 くれているからです(p88)


・ビジネスの肝は、集客です(p105)


・私が行っている着物リサイクルビジネスは、
 原価率5%程度ですので、ひと月100万円を売り上げれば
 95万円は粗利益として残ります。(p71)


・参入障壁の低さは競争激化による価格破壊を
 引き起こす原因にもなります。
 そういう面も考慮する必要があります(p141)


・車買取りのガリバーは、現在は中古車も新車も
 販売していますが、創業当初は車買取りに
 特化することで資金を高速で回し
 急成長していきました(p147)


【私の評価】★★★☆☆(76点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

序章 明日もし定収入が絶たれたら...あなたはどうしますか?
第1章 頭のなかのルールを変えろ 給料をもらうから自力でお金を稼ぐへ
第2章 成功するスモールビジネスを見抜く10の判断基準とは
第3章 起業希望者が考えがちなビジネスモデルを丸裸にする
第4章 スモールビジネス勝ち組の法則 これだけは絶対に行なうべし
第5章 それでも上手くいかなかったときはこう動けばいい
最終章 あなたが本当に知りたいことはこれではないですか


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む