「「1日30分」を続けなさい!」古市 幸雄

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

「1日30分」を続けなさい! (だいわ文庫)

【私の評価】★★★★★(92点)


■世の中には、「自分は勉強ができない」
 と思っている人がいますが、
 ほとんどの場合は
 「勉強法を知らない」だけだと
 私は思っています。


 この本は、その勉強法を教えてくれる
 総括版とでもいえる一冊です。


 私が勉強法を書いても、
 同じような内容になると思います。


■この本では、勉強法と英語学習法の二つを
 学ぶことができます。
 (一冊で二度美味しい)


 まず勉強法については、
 基本的な技術は網羅したうえで、
 勉強に「飽きてきたら」
 勉強をストップさせるのが特長です。


 勉強場所を変えるか、他の勉強をすることで
 気分転換をします


 ・「集中力が落ちてきたな」または
  「飽きてきたな」と感じ始めたら、
  即刻勉強を中止してください。・・・
  別の喫茶店・・・に行きます。(p106)


■調子が上がらないときは、
 すっぱり気分転換したほうが
 勉強が進むというのは
 体験上納得できるものでしょう。


 著者の場合は、勉強と休憩を
 決まったインターバルで
 繰り返しているそうです。


 ・私の場合、30分間勉強して15分間の休憩
  繰り返します。(p100)


■英語学習についても、英会話はフレーズ丸暗記、
 速読はひたすら読むこと、英作文は添削と
 勉強法のポイントを押さえています。


 ・英会話については、
  ネイティブが多用するフレーズを
  丸暗記することを強くおすすめします。(p134)


■やや凝縮しすぎかなと思うくらい
 勉強法満載の一冊でした。


 勉強の必要な人は
 ぜひ読んでいただきたいと思います。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・毎日、簡単に2時間を捻出する方法を伝授しましょう。
  それは・・・テレビを見ないことです。(p72)


 ・朝の1時間は夜の1時間半から2時間くらいに
  匹敵するのです。(p92)


 ・期限を含めて明確に、あなたが実現したいことを
  先に決めてください。
  多くの人が目標を達成できないのは、
  決断しないことが原因です。(p168)


 ・睡眠時間は最低でも6時間は取ってください。
  理想は7時間半・・・
  1 頭がさえていないと効率が悪くなる
  2 覚えたことが、睡眠を通して
    記憶として定着する(p195)


▼引用は、この本からです。

「1日30分」を続けなさい! (だいわ文庫)
古市 幸雄
大和書房
売り上げランキング: 11,424

【私の評価】★★★★★(92点)



■著者紹介・・・古市 幸雄(ふるいち ゆきお)

 読売新聞社退社後、米国でMBA取得。
 帰国後、翻訳、手帳、英語学校の3つのビジネスを立ち上げる。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png




メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む