「あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法」野坂 礼子

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法―心から笑えなくても大丈夫


【私の評価】★★★★★(94点)


■著者の野坂さんは夫の暴力がきっかけで、
 36歳のときに離婚します。


 二人の子どもを養うために、野坂さんは
 飛び込みセールスの仕事をはじめました。


 しかし、20万円もする幼児向け教材は、
 一向に売れません。


 離婚したばかりのノイローゼ気味の主婦が、
 不安な顔をして玄関にやってきたら、
 だれでも嫌な気持ちになるでしょう。


■上司から「もっと笑え!」と怒られますが、
 どん底の野坂さんは笑うことさえできません。


 「笑顔もでけへん」と落ち込む野坂さんは、
 退社を決意します。


 ・フランス映画『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』(2003年)
  の中で、オマー・シャリフ演じるイブラヒムおじさんは、
  少年モモにこう教えます。
  「幸せだから笑うんじゃない。笑うから幸せになるんだ」と。(p46)


■と、そのときたまたま古本屋で野坂さんは
 「言葉とイメージで人生は決まる
 ということを知ります。


 もう、退社を決意していますから、
 とりあえずタダでできることは何でも試してみようと、
 「私は売れるセールスマン・・・・
 と繰り返し唱えはじめました。


■意識して( 良い言葉 )を使うようにして、しばらくすると
 自然と( 笑顔 )ができるようになってきました。


 そして、飛び込みでも話を聞いてもらえるようになり、
 ついに20万円の教材が売れたのです!!


■「これで堂々と会社を辞めることができる!」と思ったら、
 不思議なことに20万円の教材がどんどん売れて、
 野坂さんは、トップセールスになってしまいました!


 ・笑顔をつくって振りまき、成功した幸せな人のフリをしただけ
  だったのに、数ヶ月の間に現実が追いついてきました。
  現実にトップセールスになり自信がつく(p40)


■恐るべき言葉とイメージの力ですね。


 こうした著者の体験をベースとして、
 笑顔を入口とした「笑顔セラピー」は、
 本物の成功法則教室といえるでしょう。


 ・「つくり笑顔でいいんですよ」という言葉を聞いてハッとしたと
  いうのです。「なんだ、つくり笑顔でいいんだ!」と、笑顔を
  つくり始めたのがきっかけで、まわりの人たちに慕われ、生活が
  充実し、生きがいができていくと、悩みは自然に消えていたと
  おっしゃいました。(p52)


■笑顔の入門書として、
 これほどの本を読んだことがありません。


 最後まで充実した内容でしたので、
 星5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・幸せな人に共通して言えることは、「自分が大好き」で、
  いいところも悪いところも含めて、
  「いまの自分を肯定していること」(p19)


 ・「ありがとう(ございます)」と唱えるのは、たんに感謝の気持ちを
  大切にするといった道徳的な意味合いではなく、「ありがとう
  (ございます)」という言葉自体が持っている最高のエネルギーを
  受け取るためなのです。(p76)


 ・100パーセントを超えたときに、初めて「本気」を出したと
  言えます。そして限界を超えて「本気」になったとき、その
  限界を超えた部分に天からのパックアップがつくのです
  ・・・自然と道がついて天命にたどりつくのです。(p185)


 ・自分の幸せを追求するだけでなく、まわりに幸せを
  分け与えると、それがまた自分自身により大きな
  幸せとなって返ってきます。(p221)


▼引用は、この本からです。

あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法―心から笑えなくても大丈夫
野坂 礼子
青春出版社 (2006/02)
売り上げランキング: 86943
おすすめ度の平均: 3.5
3 すばらしき、『笑顔』と『ありがとう』の効果
4 とても気が楽になりました。

【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・野坂 礼子(のさかれいこ)

 1947年生まれ。
 「ありがとうございます・笑顔セラピーネット」代表。
 大阪、東京などで「笑顔教室」を主宰するほか、
 講演、社員研修などを行っている。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む