本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「コンプレックスは営業の最高の武器である」中北 朋宏

本のソムリエ 2021/03/05メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンプレックスは営業の最高の武器である」中北 朋宏


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 元お笑い芸人から営業ナンバーワンとなり現在はお笑い芸人からの転職支援を行っているという著者の営業術です。営業の基本はこちらから売り込むというよりも相手のニーズを聞き取り、ニーズに合わせた提案をすること。お笑い芸人がウケない原因は自分にある。営業マンが売れない原因は自分にあるのです。


・りんごワーク・・・1分間でりんごを売ってもらう・・・年収500万円以上の方・・・は、必ず質問から入ります・・・質問で相手のニーズを50秒ヒアリングして10秒でりんごの紹介をして販売をします(p44)


 面白いのは、オンライン営業がテレビのお笑い芸人のテクニックとの親和性が高いということでしょう。テレビに出演するということは、四角い画面の中で視聴者に自分という存在を伝えていくということ。番組の編集で採用されるためにリアクションを大きく感情を表現するなどの工夫が必要なのはオンライン営業でも同じなのです。


・ワイプ芸・・・1リアクションは通常の1.5倍 2感情を過度に顔で表現する 3聞こえなくても声を出して頷く「この3つを意識するだけで、ほぼワイプの画面と同じサイズのオンライン商談は、抜群の効果を発揮するんや(p90)


 本書からはお笑い芸人を諦めた経験から夢は諦めても人生は諦めないというこだわりが伝わってきます。うまくいかない状況でも、別の分野で成功すればそれは成功のための苦難の歴史になるのです。つまり、自分の過去の失敗やポンコツな所もわだかまりなく自己開示できるようになればそれが魅力になるのでしょう。


・自分のコンプレックスを乗り越えて、人と簡単に共有できるようになれば、失敗は失敗ではなくなり、過去にとらわれることはなくなります(P288)


 ストーリー仕立てにしているところもさずがお笑い芸人と感じました。そしてストーリーの主人公が自力ではなくはチームを作って他力を活用する点も素晴らしい。読んでいるだけで営業という仕事の可能性と楽しさをイメージさせることができる内容でした。中北さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・『好きは夢につながり、憤りは志につながっている』・・・自分の人生に自分が、一番期待しなくなってしまうんや。そうしたらもう人生は終わりやで(p67)


・元お笑い芸人の転職活動を支援していますが、お笑い芸人として「やりきった」「すべて出しきった」という人は、良い転職ができる確率が非常に高いです(p80)


・緊張しなくなると事前準備を怠ったり、何となく場に参加してしまう。むしろ、緊張し続けた方が人は成長するんや(p87)


・強敵に対して立ち向かって行くときに人は一致団結しやすい・・・しっかり時間と場所を取り、旗を立てて助けてもらうために君の思いを語ってみてくれ!(p189)


・不得意な部分を修正するのではなく、人を巻き込み助けてもらうことで得意に没頭できるようにすることが重要です(p192)


・簡単に私の取扱説明書をご説明します。1得意:人の懐に入る・・・2不得意:事務作業・・・3価値観:真面目にふざける 4チームが目指すビジョン:夢諦めたけど人生諦めていない人のために尽くす(p193)


・ポンコツ部分で周囲に開示することが怖いようなこともあえて開示することで、周囲が助けてくれるチャームポイントになり得ます(p194)


・例えば、新入社員の方が・・・会話に困り苦肉の策として、自分の仕事や人によっては恋愛の相談などをするケースがあります・・・これを改めてやっていただくことをお勧めします・・・まさに友人に話すような話題を出します・・・「相手のことを本当に知りたいって気持ちやと思う」という部分です(p250)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「コンプレックスは営業の最高の武器である」中北 朋宏
中北 朋宏、日本経済新聞出版


【私の評価】★★★★★(90点)



目次

第1章 僕と「俺」の絶望的な出会い
第2章 オンライン商談でコンプレックスはなぜ役に立つのか
第3章 「緊張」を改善する必要は全くない
第4章 未来の家族の風景
第5章 自分史上、最大の大敗
第6章 旗をたてて、助けてもらう
第7章 チャンスは再びやってくる
第8章 相手から噂される存在になる
第9章 自分と仲間に期待する


著者紹介

 中北 朋宏(なかきた ともひろ)・・・株式会社俺 代表取締役社長。浅井企画に所属し、お笑い芸人として6年間活動する。その後、人事系コンサルティング会社に入社し、中小企業コンサルティングの実績でNO.1を獲得。2018年2月9日に株式会社俺を設立。お笑い芸人からの転職支援「芸人ネクスト」や笑の力で組織を変える「コメディケーション」を展開中。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: