本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

九州パンケーキを作った「九州バカ-世界とつながる地元創生起業論」村岡浩司

2021/02/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「九州バカ-世界とつながる地元創生起業論」村岡浩司


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■この本のタイトル「九州バカ」とは
 宮崎県から九州を元気にしようと
 活動している著者のことです。


 著者は九州で最初に
 「タリーズコーヒー」の
 フランチャイズ店を開店。


 2012年には九州産の素材だけ使った
 「九州パンケーキ」を開発。


 2017年には廃校を活用した新社屋を
 建設し、コワーキングスペースを
 併設して起業家コミュニティを
 支えているという。


 この九州バカとは鹿児島の天外人
 (てんがらもん)のような
 人だな、と思いました。


・食品業界は、「少しでも安いものを」という価格圧力に長年苦しんできた一方で、勇気をもって消費者に正しい価格を問いかけることを避けてきたのではないでしょうか(p209)


■九州バカである著者も実は若い頃、
 大失敗しています。


 高校卒業後、アメリカ留学した著者は
 アメリカから直輸入した古着や雑貨を
 売る店を立ち上げています。


 最初のうちは、年々売上を伸ばし
 店舗を増やしていきます。
 調子に乗って
 大規模商業施設に出店してみると
 初年度から赤字。


 急速に資金繰りが苦しくなり、
 経済も不況という中で
 売上も減る一方。
 著者は廃業を決意するのです。


 著者はこの失敗から、自分は
 金儲けだけを追いかけて起業していた
 ということに気づいたという。


 つまり、起業したことで顧客や社会に
 届けたいメッセージ、商品、価値が
 まったくなかったのです。


・毎夜のように飲み歩いていた繁華街から離れてみれば、そこで知り合って朝まで一緒に騒いでいた仲間たちは誰も僕を助けてはくれませんでした(p81)


■著者は基本的に
 チャレンジャーなのだ、
 と思いました。


 そのチャレンジャーは失敗から学び
 「九州を元気にする」という
 チャンレンジする目的を持って
 突っ走っているのです。


 自分の金儲けのための事業と
 地元九州のための事業には
 天と地ほどの差がある。


 自分も社員も取引先も
 地元九州のためという価値観が
 あれば一体化できているように
 感じました。


 村岡さん
 良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・地元の価値を見いだし、ブランド化を目指すとき、一つのカギは「当たり前」を可視化すること・・・ライバルとして参考にするのは、「北海道」(p41)


・カフェブームから学んだ教訓もありました。消費者はやがて慣れてくると、「本物」しか選ばなくなるということです・・・数年で淘汰が進み、見せかけだけのカフェは姿を消しました(p154)


・コワーキングスペースには「明確な成長を意識したビジネスコミュニティ」が存在している・・・九州各地では廃校を勝つよしたコワーキングスペースが次々に立ち上がりました(p244)


・「まちづくりをしていると、いろんな人が反対意見を言ったり、ときには邪魔をしたりするかもしれない。でも、自分に信念があればそれを貫き通しなさい。次世代を担おうとする若者が弱気になっていたら、まちは変わらないよ。」(池田達信)(p90)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「九州バカ-世界とつながる地元創生起業論」村岡浩司
村岡浩司、文屋


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 地元創生起業のすすめ
第2章 カフェとまちづくり
第3章 九州の素材だけでつくりたかった、毎日のおいしさ
第4章 世界をかけるオール九州のプロダクト
第5章 地元と世界をつなぐハブになる


著者紹介

 村岡 浩司(むらおか こうじ)・・・有限会社一平(九州パンケーキ)代表取締役。MUKASA-HUB 代表。1970年宮崎県生まれ。 1988年宮崎県立大宮高校卒業後、コロラド・メサ大学に入学。 途中退学し、 輸入衣料や雑貨を取り扱う会社を設立。1998年、家業である寿司店を継いで寿司職人に。2002 年に、九州1号店となる「タリーズコーヒー」のフランチャイズに加盟。現在多数の飲食店舗を経営する。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: