本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

砕石地盤改良工事「住宅地盤イノベーション: 地方の土木会社が挑んだ17年の軌跡」尾鍋 哲也

2020/11/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


内容と感想

■通常、住宅地盤改良というと
 コンクリートパイル方式が
 普通ではないでしょうか。


 本書では、竪穴に砕石を圧入することで
 工期を短縮し、従来方式と同等程度の
 コストで地盤改良する方式を開発しています。


 地盤によっては残土が出さずに
 竪穴を掘削することも可能なのです。


・スクリューもないただの鉄の筒なので土は地上へは出てきませんが、ケーシングは地中へ入っていくのです・・・土はケーシングの周りに押し付けられていたのです(p144)


■まったく新しい方式のため
 パイロットプラントの製造費用の
 捻出に苦労されています。


 最終的に従来方式と同等程度の
 コスト削減を可能としたのは
 奇跡に近いと感じました。


 途中、施工管理システムを開発していた
 会社が倒産するなど山あり谷ありは
 新規開発ならではでしょうか。


 こうした努力が成果として認められ、
 むくわれる社会であってほしいな、
 と思いました。


 尾鍋さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・締固め方法は、ケーシングの一番下のプロペラのようなものを回転させながら、砕石を厚さ10センチとごに、一定の圧力で押さえつける方法です(p74)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★☆☆(70点)



著者紹介

 尾鍋哲也(おなべ てつや)・・・株式会社尾鍋組代表取締役。1962年2月、三重県松阪市生まれ。三重大学卒業後、三重県内の建設会社へ入社。土木工事の現場監督を経て26歳のときに、父親が経営していた公共土木工事を行う尾鍋組へ入社。エコジオ工法協会会長


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: