本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「オンライン・セミナーのうまいやりかた」高橋 龍征

(2020年8月25日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(88点)


内容と感想

■年間200回以上のイベントを実施する
 著者が教えるオンラインセミナーの
 実施のコツです。


 セミナーを企画・実施するにあたって
 重要なことはオンラインとリアルで
 8割は同じだという。


 つまり、セミナーの目的を明確にして、
 参加してもらうべき顧客を集めているか、
 確認しながら、試行錯誤していくこと。


 セミナー料金で稼ぐのか、
 見込み客を集めるのか
 目的をはっきりさせ、改善を
 繰り返していくことが大事なのでしょう。


・自社商材の購買が最終ゴールなら、逆算して、どんな課題を持ったどういう人が参加すべきターゲットかを考えます・・・次のアクションにどうつなげるのか、そういった目的と顧客化へのシナリオを明確にすることが大切です。根拠もなく「たくさんの人を集めたい」とは言えません(p56)


■オンラインセミナーを主催するに
 あたって、気を付けることを
 列挙してみましょう。


 ディスプレーは複数がいい。
 サポートスタッフを準備しておく。
 事前の練習でフィードバックをもらう。
 アイスブレイクを入れる。
 チャットを使ってもらう工夫を入れる。
 説明が長時間続かないよう質疑を入れる。


 一番学びになるのは、
 実際自分がオンラインセミナーに
 参加してみることだという。
 うまくやっている人のやり方を
 真似るのです。


・オンラインの場合、オフライン以上に事前の練習が重要です・・オペレーションする側からは、参加者がどう見えているか、聞こえているかがわかりません。なので、実際誰かにオンラインツール経由で参加してもらい、フィードバックをもらわなければ、改善すべき点に気づきにくいのです(p28)


■手元に一冊置いておきたい
 実践的で非常にわかりやすい
 一冊でした。


 オンラインにしろリアルにしろ企画は
 改善を繰り返していくことになりますが、
 なぜ成功したのか失敗したのか
 わからないこともあるという。


 それでも仮説を立てながら、
 試行錯誤を繰り返して
 セミナーの質を上げていく。
 それしかないのです。


 高橋さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・集客は案内文が超重要(p96)


・PCのディスプレー1つだけだと、ウィンドウの切り替えに手間取り、つい説明が止まるという事態に陥りがちです・・・外付けウィンドウに一覧できるように表示しておくと、何かあっても落ち着いて対応ができます(p28)


・実は、オンラインコミュニケーションでまず重要なのは「音」と言われています。声が聞こえなかったり、雑音が入ったりしていると、聞いている人は苛立ちを感じてしまいます(p170)


・オンラインだとなかなか集中力が続かず、疲れます。よって、30分~45分ごとに質疑応答の時間を入れたり、チャットで随時コメントや質問できるようにして双方向のコミュニケーションを心がけるなど、ただ一方向に聞く時間を極力抑えるようにします(p23)


・アイスブレイクとして、チャットでコメントする練習を入れる、中間の質疑応答の時に再度チャットでの質問を促す、話しながら余裕があれば時折チャットのコメントや質問を拾うなど、参加者が自らチャットを送りたくなるような働きかけを意識的にします(p24)


・指示は口頭で行うのではなく、資料に記載し、流れの中で必要に応じて複数回表示するようにします(p24)


・個別の商談にまで持っていくのが目的なら、事後のアンケートで個別商談の希望を取ればいいでしょう。そう考えると、参加時に出欠や本人確認をとる必要もないかもしれません(p35)


・その層に刺さる企画をつくることが大事と言いましたが、それが一発ではまる可能性は非常に低いです。現実は仮説検証を継続し、改善を重ねながら・・・少しずつ確率を上げていくしかありません・・・継続するためには仕組みが必要です・・・無駄を削り、可能な限り標準化・自動化・フォーマット化して、誰でもすぐに手間をかけずにできるようになっていることが望ましいです(p85)


・私が自分で無料イベントを打つ際はフォロワーを増やす目的のことが多いです・・・イベント管理ツールの基本的な仕様で、有料無料にかかわらず、チケットを申し込むと、チェックを外さない限り、自動的に主催者のアカウントをフォローするという機能があります(p215)


・有償セミナーの欠席対応なら、あらかじめ「欠席者にはセミナー動画と資料を事前に配布します」としておけば、行けなくなって参加費を無駄にするリスクが減ると考え、早めに申し込みをするインセンティブになります(p38)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

高橋 龍征、クロスメディア・パブリッシング


【私の評価】★★★★☆(88点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 オンラインシフトとは
第2章 オンラインセミナー成功のポイント
第3章 セミナーを企画する方法
第4章 セミナーをプロデュースする方法


著者紹介

高橋龍征(たかはし・たつゆき)・・・。早稲田大学の社会人教育事業WASEDA NEOプロデューサー、conecuri 合同会社 代表社員。早稲田大学卒業後、SCSK、ソニー、サムスン電子で勤務後、独立。デジタルハリウッドのアクセラレータやFintechラボ立ち上げ等に従事後、テック企業の共同創業・経営(取締役COO)を経て現職 。年間200件以上の企画を実施する「場づくり」の実践家として活躍。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: