本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「帝国海軍の航跡―父祖たちの証言」久野潤

2020/08/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(73点)


内容と感想

■太平洋戦争から75年が経ち、
 あの戦争を直接経験した人が
 減ってきています。


 日本帝国海軍人での証言を残すために
 歴史を振り返り、当時の帝国海軍で
 働いた人の証言を集めています。


・暗号を傍受・解読したアメリカ海軍がいよいよ、日本側ミッドウェー作戦の具体的な内容をつかんだのは(1943年)5月26日頃であるとされる・・・ミッドウェー作戦に出撃予定の駆逐艦「嵐」で水雷長を務めていた谷川清澄氏は出撃前に一般市民から話しかけられた。「呉の町ですれ違ったオジサンから、『海軍さん、次はミッドウェーらしいですね、またがんばって下さい』と言われ驚いた・・・(p87)


■戦略レベルで見れば、アメリカと戦い、
 世界を敵に回すのは自殺行為でした。


 戦術レベルで見れば、戦艦による決戦から
 航空機と潜水艦による攻撃の可能性を
 実証したのは日本でしたが、それを
 学習し、活用したのはアメリカでした。


 作戦レベルで言えば、
 空母を中心とする機動部隊の司令官が
 敵機情報から攻撃機の兵装を陸用爆弾から
 艦船攻撃用の魚雷に変えたり戻したりして
 敵の攻撃を受けてしまうような人もいた。
 

 技術レベルで言えば、初期のゼロ戦を除けば
 暗号解読技術、レーダーや近接信管、
 核兵器などアメリカの技術力が上だった
 のは明らかだったのです。


・アメリカ側はすでに、対空レーダーやVT信管(近接信管)を活用していた。VT信管は一定範囲内に目標が入れば自動的に検知して砲弾を起爆させる信管で、直接命中しなくとも目標にダメージを与えるものである。また空母に設置された戦闘情報センターを運用することで対空防御力を飛躍的に向上させていた(p145)


■すべてのレベルで日本はアメリカに
 負けていたように感じます。


 日本が勝っていたのは個人個人の
 精神力くらいでしょうか。


 日本人はまじめて優秀なのですが、
 その潜在力を活かしたいものです。


 久野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・第一次世界大戦終結後に、我が国は国家予算の三分の一を割いて、戦艦8隻/巡洋戦艦8隻の建造を中心に再び海軍大増強を目指す「88艦隊」を計画。1920年にはその一番手として世界で初めて41インチ主砲を搭載した戦艦「長門」(3万5000トン)、ついて同型艦「陸奥」を完成させた(p28)


・開戦からわずか三日間で、戦艦が一発も撃つことなくして、米英の戦艦を多数撃沈・撃破してしまった帝国海軍。海上を動きまわる複数の敵艦を、しかも最も装甲の硬い戦艦を、航空機による攻撃だけで沈めたことは世界を驚嘆させた(p63)


・1942年4月9日、南雲機動部隊の第一次攻撃隊132機はセイロン島北部トリンコマリー軍港を空襲した。合間に味方索敵機がイギリス空母部隊を発見したので、南雲忠一司令官は空母艦上の97艦攻の兵装を陸用爆弾から艦船攻撃用の魚雷に転換するよう下命。その最中にイギリス爆撃機隊の奇襲を受け・・・この教訓を真剣に検討しなかったことにより二ヶ月後、より手ごわいアメリカ機動部隊を相手に致命傷を負うことになる(p70)


・「翔鶴」のみならず、艦載航空機・搭乗員の損害の多さを理由に「瑞鶴」もミッドウェー作戦への参加が見送られたのはアメリカ側と好対照であった・・・この頃、日本で初めて試作された電探(レーダー)が戦艦「伊勢」「日向」に装備されたが、両艦の出撃先は主戦場ミッドウェーではなうアリューシャンであった(p89)


・インパール作戦には、大東亜会議に出席した自由インド政府のインド国民軍約6000人が参戦していた・・・戦局的劣勢の中インドに進攻することで、大東亜共同宣言が単なる建前のお題目ではなかったことが示されたのである。戦死者2万6000名/戦病者3万名という多大な犠牲を払ってインドの信頼を勝ち得たインパール作戦・・・(p143)


・レイテ島内には、フィリピン攻防戦で命を落とした約10万人とも言われる陸海軍将兵の慰霊碑がある・・・一度はアメリカ軍に奪回されたものの、終戦の翌年フィリピン共和国として独立が果たされた(p191)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★☆☆(73点)



目次

第一章 日米開戦まで
第二章 真珠湾攻撃・マレー沖海戦で世界を変えた日本
第三章 世界史上初の空母決戦、珊瑚海海戦
第四章 運命の歯車が狂った、痛恨のミッドウェー海戦
第五章 日本の勝機を奪った、ガダルカナル大消耗戦
第六章 無念の空母決戦、マリアナ沖海戦
第七章 史上最大の海空戦となったレイテ沖海戦
第八章 戦艦大和の沖縄特攻、そして敗戦


著者紹介

久野 潤(くの じゅん)・・・1980(昭和55)年生まれ、慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修了。専門分野は近現代日本の政治外交とその背景思想で、現在は大阪国際大学で政治経済系科目を担当。。学術研究以外に毎年70名ほどの戦争経験者を取材し、各雑誌に戦史関係の記事を執筆。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: