本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「利己的な遺伝子」リチャード・ドーキンス

(2020年7月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■私たち生物とは何なのか。


 私たちは遺伝という仕組みによって
 子孫にその形質を伝承し、進化し、
 一部は自然淘汰されます。


 雄は雌に惹かれ、交尾し、
 仲間を作り、戦い、交渉し
 子孫を残していく。


 遺伝子によって何が伝えられるのか。
 遺伝子以外に伝達する仕組みがあるのか。
 生物を個別の種たらしめているのは
 何なのでしょうか。


・カッコウと同じように他種の巣に卵を産むミツオシエという鳥がいる。この鳥の雛は、先端のとがった鋭利な嘴を持っており、孵化直後、まだ羽毛もなく目も見えず・・・その嘴で乳兄弟をめった切りにして殺してしまう・・・カッコウの雛は・・・卵を地面へ突き落すのだ(p236)


■この本を読んでわかるのは、
 遺伝子を読み解いてしまう現代でも
 生物の遺伝や進化の仕組みは
 すべてわかっているわけではない、
 ということです。


 カッコウの雛は目も見えないのに
 自分以外の卵を巣から持ち上げて
 落として殺してしまう。


 カマキリの雌は雄との交尾中に
 雄のアタマを咬み切ってしまう
 ことがある。


 こうしたことが個別の種において
 綿々と続いているということは、
 遺伝子が子孫に伝達していると
 考えることができます。


 ただし、経験や知恵は遺伝子で
 伝わらないとしていますが、
 本当にそうなのか。
 実は現代科学でも
 よくわかっていないのです。


・遺伝子は人体を作り上げていくのを間接的に支配しており、そしてその影響は厳密に一方通行である。すなわち獲得形質は遺伝しない。生涯にどれほど多くの知識や知恵を得ようとも、遺伝的な手立てによってはその一つたりとも子どもたちに伝わらない(p71)


■この地球上の遺伝子を持つ「生物」は、
 自己修復能力を持ち、複製能力もあり、
 社会を形作る種もあります。


 あまりに高度な生物というものは、
 神という存在を想像させるほど
 不可思議で興味深いものだと思いました。


 そしてその「生物」の仕組みを
 読み解く遺伝子やその他の仕組みは
 科学としてはどこまでも興味深い
 分野と言えるのでしょう。


 ドーキンスさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・カッコウに托卵される小鳥は、自分個人の卵の外観を覚えるのではなくて、自分の種に特有な模様のある卵を本能的に優遇することによって反撃に出た・・・ところが今度はカッコウが自分の卵の色、大きさ、模様を里親の卵にますますそっくりにすることによってこれに応えた(p187)


・ブルース効果・・・マウスで知られているもので、雄の分泌するある化学物質を妊娠中の雌がかぐと、流産することがあるという現象だ。雌が流産するのは、以前の配偶者のものとは違う匂いをかいだときに限られている・・・ライオンにも似た例が知られている。群れに雄のライオンが新たに加わると、彼はそこにいる子どもをすべて殺してしまうことがあるという(p259)


・ゾウアザラシに関するある研究によれば、観察されたすべての交尾例の88%は、たった4%の雄によって達成されたという(p253)


・突然変異や組み換えや移入によって生じる新しい遺伝子は、大部分が自然淘汰によって罰を受け、進化的に安定なセットが復元される。ときおり、ある新しい遺伝子がそのセットに侵入することに成功し、遺伝子プール内に広がっていくのに成功することもある。すると、不安定な過渡期を経て、やがて、新たな進化的に安定な組み合わせに落ち着く(p163)


・男は、女性の肉体の写真で注意を惹きつけられ、勃起さえする・・・彼の神経系は本物の女性に反応するのと同じように反応してしまう。たとえその相手との関係が長期的に見て誰の利益にならないことを良心の正しい判断が告げる場合でさえ、特定の異性の魅力には抗し難いことがある。不健康な食べ物の抗し難い魅力にも同じことが言えよう(p421)


・文化的進化と遺伝的進化の類似性はしばしば指摘される・・・現代人の芯かを理解するためには、遺伝子だけをその唯一の基礎と見なす立場を放棄しなければならない・・旋律や観念、キャッチフレーズ、衣服のファッション、壺の作りかた、あるいはアーチの建造法などはいずれもミームの例である(p330)


・ウイルスは、逃亡した「反逆」遺伝子から進化したもので、いまや、精子や卵子といった通常の担体に媒介されることなく、生物の体から体へと直接空中を旅する身の上になったわけだ。この見解が正しいなら、私たちは、私たち自身をウイルスのコロニーと見なしてよいのかもしれない(p315)


・進化的に安定な戦略・・・戦略の一例としては、「相手を攻撃しろ、彼が逃げたら追いかけろ、応酬してきたら逃げるのだ!」・・・理解してもらいたいのは、この戦略を個体が無意識に用いていると考えているわけではないということだ(p138)


・コンピュータによるシミュレーションで・・・これまでに挙げた五つの戦略者すべてを自由に振る舞わせると、報復派だけが進化的に安定的であることがわかる。ハト派は、その個体群がタカ派とあばれん坊派の侵略を許すので安定でない。タカ派も、その個体群がハト派とあばれん坊派の侵入を許すので、安定でない(p146)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

リチャード・ドーキンス、紀伊國屋書店


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 人はなぜいるのか
第2章 自己複製子
第3章 不滅のコイル
第4章 遺伝子機械
第5章 攻撃――安定性と利己的機械
第6章 遺伝子道
第7章 家族計画
第8章 世代間の争い
第9章 雄と雌の争い
第10章 ぼくの背中を?いておくれ、お返しに背中を踏みつけてやろう
第11章 ミーム――新たな自己複製子
第12章 気のいい奴が一番になる
第13章 遺伝子の長い腕


著者紹介

リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)・・・1941年ナイロビ生まれ。オックスフォード大学時代は、ノーベル賞を受賞した動物行動学者ニコ・ティンバーゲンに師事。その後、カリフォルニア大学バークレー校を経て、オックスフォード大学講師。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: