本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ニッポンじゃアリエナイ世界の国」斗鬼 正一

(2020年7月22日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(75点)


内容と感想

■日本では芸能人も一般の人も、
 不倫や浮気はほぼ犯罪として
 扱われています。


 ところがフランスでは、
 不倫や浮気が非難されることは
 ないのだという。


 「恋愛の自由」という表現が
 ありますが、フランスでは
 文字通り恋愛は個人の自由
 なのです。


・フランスでは、浮気や不倫でほめられることはありませんが、よその人の恋愛に文句をつけるほうがカッコ悪いと言われてしまいます。なぜなら、人を愛する自由をきちんと認めているからです(p81)


■同じように、
 当たり前と思っていることが、
 外国では通用しないことがあり、
 注意が必要です。


 例えば、トルコでは、
 YESは「アゴをそらす」、
 NOは「アゴをあげる」のです。
 日本とは正反対ですね!


 イタリア南部、ギリシャ、
 トルコ周辺ではこうした
 ジェスチャーらしいのです。


 それ以外にも、思わぬジェスチャーで
 相手を侮蔑することがありますので、
 旅行前に事前に学んでおきたいものです。


・「NO」はふつう首を横に振りますが、トルコでは、アゴをくいっと上げて「チッ」と舌うちします。知らなければ「YES」のジェスチャーとまちがえたり・・(p59)


■イラストと簡単な説明で
 読者の興味を誘っているので
 「わけあって絶滅しました」
 シリーズに似たものを感じました。


 興味を持ってもらう入門編として
 よくできていると思います。


 世界には198の国があるといわれて
 いますので、文化もそれぞれ違います。
 とても興味深いですね。


 斗鬼さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・中国では、ハゲることをあまり恥ずかしがらないのです。むしろ頭がうすくなるのはカッコ悪いどころか、尊敬される・・(p17)


・フィリピンでは給与はためずに、全部使いきってしまうのがふつうなのです。だから、お金がなくなって大変なことになってしまわないように、会社が給料を2回に分けて払ってくれるのです(p41)


・世界で最もピザが食べられている国はどこでしょうか?・・・ノルウェーではピザを食べる日が決まっています


・トイレのドアのすきまが大きい・・・アメリカではトイレでチカンが女性をおそう事件がたくさん発生するので、それを防ぐため、外からでもわかるよう・・・(p122)


・○○○○では・・・理由がないのに投票に行かなかった人は、日本円にして約1100円のばっ金があります。そして、それを3回繰り返すと、身分証やパスポートを作ってもらえなくなったり、銀行でお金を借りられなくなったりしてしまいます(p133)


・○○○○・・ウンコをしてもお尻をふかない!(p152)


・○○○○○○ではまったく逆。結婚したあとも、ほとんど動かず、たくさん食べてどんどん太ることが女性の自慢のスタイルなのだそうです(p157)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

斗鬼 正一、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★☆☆(75点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

1章 アジア・オセアニア
2章 ヨーロッパ
3章 南北アメリカ
4章 アフリカ


著者紹介

斗鬼正一(とき まさかず)1950年生まれ。江戸川大学名誉教授。明治大学文学部講師。明治大学大学院講師。文化人類学者。専門は都市人類学、地域研究。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: