本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「小水力発電が地域を救う 日本を明るくする広大なフロンティア」中島 大

(2020年2月15日)|

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■再生可能エネルギー固定価格買取制度(fit)が
 整備される前から小水力発電を開発してきた
 著者が教える小水力の真実です。


 再エネが注目されるまで
 なかなか小水力発電所は
 建設されませんでした。


 その理由は、安い設備がない、
 役所が電力会社並みの資料を要求する、
 良い地点を探すデータがない、
 補償金を要求する地元の人々などです。


・電力会社が水力発電所をつくってきました。そのとき、土地や農林漁業への補償に加え・・川を利用する権利や、迷惑料ともいうべき内容も含めて、補償金の交渉をやっていました・・・あぶく銭とも言える大金を手にしたとき、それを上手に活かせる人はむしろ少数でしょう。いつしか、「ベンツを買って、家を立派にして、博打に手を出して、女を囲って、一家離散」・・このように補償金は、もらった人を幸せにしないものです(p148)


■現場で苦労してきただけあって、
 農業用水の余り(空き断面)を使って
 発電する方式も面白い。


 本来は山間部に小水力を作ることが
 王道なのでしょうが、
 水利権や地元の協力が必要など
 壁は高そうです。


 安定した水量と安い設備、
 地元の人の了解を取る政治力が
 小水力のポイントだと思いました。


 中島さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本の中小水力発電のポテンシャルについて、たとえば環境省の『再生可能エネルギーに関するゾーニング基礎情報』では約900万kWとなっています。経済性を考慮したシナリオでその半分以下、百数十~4百数十万kW程度が開発可能ではないかとされています(p21)


・2016年6月に、農協営の石徹白番場清流発電所(125kW)が運転開始した。この発電所は総工費2億3000万円(p46)


・ある農業用水路で地元の方が小水力発電を計画し、県庁に許可を取りに行ったときのこと・・船の交通に迷惑がかからないことを書類で証明しろと要求されました。ところが、その川では誰も船など使っていません(p76)


・小水力発電所の建設費はケースバイケースですが、大体、出力200kWの場合で3億円、1000kWで十数億円といった金額が目安になります。これを上回ると収益が上がらないおそれがでてきます(p126)


・ヨーロッパでは今なお、小水力発電所をそこかしこで見ることができます・・・日本の小水力は・・全国を9つの電力会社が分割して担当するようになると、大きな電力会社にとっては戦前から引き継いだ小水力発電所はコストパフォーマンスが悪いため、だんだんと廃止されていったのです。例えば山梨県内では、300kW以下の発電所は廃止するよう指示されていたという話を東京電力OBから聞きました(p160)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



中島 大、東洋経済新報社

【私の評価】★★★☆☆(71点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

プロローグ 小水力発電が山村を復活させ日本社会を強靭にする
第1章 小水力発電で岐阜の山村が復活
第2章 農業用水路に眠る電力
第3章 山村の土建会社は小水力発電で生き残れ
第4章 実現する意志と川への理解があれば規制の壁は越えられる
第5章 ガラス張りの発電所計画
第6章 小水力発電の具体的なイメージ
第7章 成功のコツがわかる様々な実例
第8章 歴史の中の小水力発電
第9章 山村と小水力の文化論
おわりに 山村はこれからの日本のフロンティア


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: