本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門」上杉惠理子

(2020年2月10日)|

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■星野リゾートマーケティング部の
 経験者が教える仕事で使える
 マーケティングの考え方です。


 売れなくなって経営者が考えるのは
 値下げをすること、
 広告を打つこと、
 人件費を削減することでしょうか。


 しかし、この3つこそが
 マーケティングでは一番
 やってはいけないことなのです。


・やってはいけないモノの売り方トップ3
 1) 理由なく値下げをして売る
 2) 思いつきの広告で売る
 3) スタッフを減らして売る(p23)


■北海道リゾート「トマム」では
 スキー客の期待できない夏に
 雲海テラスで集客しています。


 つまり、夏のトマムの山頂で
 雲を下に見ながら景色を楽しむ
 というアトラクションを企画。


 強味を掘り起こし、
 ターゲットを絞り込み、
 お客様が集まる仕掛けを
 発信していくのです。


・あ、そっか!・・・雑誌に載るような素敵なお店になったら、遠くからも来てくれるかもしれないんですね(p47)


■マンガで読めて事例が
 リアルでわかりやすいのが
 好印象でした。


 だれにでも強味があり、
 ターゲットを絞れば
 集客できる可能性はあるものです。


 考える切り口として
 参考となる一冊でした。


 上杉さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お客様がその商品・サービスを「欲しい」と思う・・・お客様の視点から商品や売り方を考えることを「マーケティング志向」と言います(p38)


・「共有・拡散」・・
 共感「レコードが聴けるカフェか、いいなあ」
 確認「場所や営業時間を調べる」
 参加「実際に来店・・・
 共感・拡散「お父さんを誘う、自分のインスタに投稿」(p86)


・20代ユーザーが多いInstagram・・(p102)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



上杉惠理子、ぱる出版

【私の評価】★★★☆☆(79点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 店主エミがやらかしたマーケティング的にマズい3つの行動とは?
第2章 喫茶店ワーグナーの「強み」を3C分析で掘り起こす
第3章 STP分析で見つけたエミの理想のお客さん
第4章 4P分析でワーグナーのすべてをお金に換える
第5章 資金ゼロからのSIPSプロモーション戦略
第6章 クロスSWOT分析で「弱み」を「強み」に変える
第7章 マーケティングに終わりなし 進化し続けるためのツール


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: