本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「これからの会社員の教科書 社内外のあらゆる人から今すぐ評価されるプロの仕事マインド71」田端 信太郎

(2020年1月20日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(80点)


■NTTデータ→リクルート→ライブドア→
 LINE→ZOZOと渡り歩いた著者の
 仕事術です。


 リクルートではフリーマガジン「R25」を
 立ち上げ、ライブドアではメディア事業部長、
 LINEでは広告事業の責任者となり
 株式上場まで経験。実績十分でしょう。


 若手向きの内容となっており、
 遅刻しない、仕事の受け方、
 メールの書き方、出し方と
 基本から説明しています。


・議事録を記録するなかで、日頃から自分が「この会社はこうあるべきだ」と思っている方向へ、会社の方向性をさりげなく捻じ曲げていくことができます(p75)


■面白いと思ったのは
 業界の小ネタでしょうか。


 マッキンゼーでは・・・
 糸井重里さんは・・・
 など経験豊富なのがわかります。


 また、雑誌だと広告収入が大きいので
 広告を取る号、読者を意識した号と
 分けているという点もおもしろい。


 このメルマガも新刊を紹介するとき、
 古典を紹介するとき、昔の良書を
 紹介すると分けていますので。


・「ブルータス」は「広告を取るための号」と「読者の幅を広げるための号」と「既存読者を盛り上げるための号」の3パターンに分けているそうです(p57)


■「自分はこうしたいんだ」、
 という思いをもって
 仕事をしているのだと感じました。


 そうした思いがあれば、
 根回しもするし、
 お客さまへの配慮もする。
 すべては自分のためなのです。


 前澤さんが退任するのでどうするのかな、
 と思っていたら、同じように退職される
 ようです。どこでも生きていける人
 なので大丈夫でしょう。


 田端さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・もし、きみに本当に実現したい理想があるなら、きみは仲間を増やす必要があります。あるいは最低限、「敵にはならないでくださいね」と事前にお願いする必要がある(p88)


・35歳過ぎの男性は、8割がメンツでできています。社内でよくあるのですが、隣の部長に直接相談して、自分の部署の部長のメンツをつぶしてしまうパターンです(p96)


・なぜ、誰に対してもナメた態度を取らないか。それは、その相手と自分の立場がいつ入れ替わるかわからないからです(p117)


・おっさんは司馬遼太郎が大好きです・・・まずは、夏目漱石、司馬遼太郎、村上春樹、三島由紀夫。このあたりを全部読まなくてもいいのですが、一冊も読んだことがないとなると「さすがにどうなの?」と思われます(p138)


・仕事のための読書は「アウトプット」を前提として、アウトプットする場面を意識しながら、読むことが大切です。たとえば今度、石油業界の人に提案することになったとしたら、まずは石油業界に関する本を読んでおくことです(p162)


・糸井重里さんはクルマのコピーを書くときにかならずそのクルマを買って、一度でも乗っていた、という話を聞いたことがあります(p58)


・マッキンゼーでは、クライアントのビルを出たすぐ前でタクシーを拾うと怒られます・・・100メートルくらい離れて、クライアントが見えなくなるところまで行ってから乗るそうです(p112)


・打ち合わせの場所が相手先なのであれば、訪問先のビルまで行き、受付まで確認したうえで近くのカフェなどで待機する。これはあたりまえのリスク管理です(p27)



田端 信太郎、SBクリエイティブ

【私の評価】★★★★☆(80点)

[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

【Chapter 1】「人並み」を目指すか、「プロ」を目指すか
【Chapter 2】「伝え方」次第で結果は180度変わる
【Chapter 3】「単純作業」に仕事の真髄がある
【Chapter 4】「根回し」抜きに大きな仕事はできない
【Chapter 5】「社交スキル」は一生モノの武器になる
【Chapter 6】「トラブル対応」は鮮やかに
【Chapter 7】「情報収集」がきみのオリジナリティをつくる
【Chapter 8】「経済・法律・歴史」はビジネス世界の共通言語
【Chapter 9】「働き方・キャリア」の最適解を導く
【Chapter 10】「パフォーマンス」をさらに高める



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: