本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「「ミライの兆し」の見つけ方」御立 尚資

(2019年12月 6日)|

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■ボストンコンサルティンググループの
 役員が日経ビジネス電子版に連載した
 コラムをまとめた一冊です。


 「未来の兆し」というテーマで
 現在の世界の状況を解説する
 という内容となっています。


 これからはコンピュータ
 サイエンスが生活の中に
 拡大していくのは
 必然のようです。


・インドの個人認証・・・瞳の虹彩、指紋、そして顔写真が個人を特定するための情報として登録される(p72)


■世界はグローバル化し
 日本の雇用が海外に移転して
 日本の労働者の給与は減りました。


 世界各国は金融緩和を続け、
 貧富の差が拡大し、
 バブルが崩壊すれば経済が
 不安定化する可能性もある。


 場合によっては極端な政治家が
 権力を持つことで、混乱が拡大
 することも予想される。


 そうしたことに回答は出せないが、
 これから考え、実行してきたい
 と素直に書いています。


・バブル崩壊以降、日本人の多くは貧しくなった・・欧米と同様に、中間層の雇用の一部が新興国に移転しただけでなく、この十数年でいわゆる非正規労働が雇用の3分の1を占めるレベルにまで急増したこともその要因だ(p177)


■コンサルタントなので、
 もっとデータを元にした
 説明があるのかと思いましたが
 感覚的な意見がほとんどでした。


 そこから先は有料なのか、
 それともその程度で十分なのか。
 少し消化不足でした。


 御立さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本は、米国や中国、あるいはインドと比べて、コンピュータサイエンス専攻の学生数が、異常なくらいまで少ないので、まず、これを増やせればと思う(p16)


・仮想通貨の世界では、さまざまな問題を乗り越えて、ビットコインの時価総額は1800億米ドル(約20兆円)にも達した。ビットコイン以外の仮想通貨も増え続けており、その時価総額の合計は50兆円を超えるのではないかと推定されている(p55)


・10年近い世界的金融緩和に支えられてきた資産バブルはどこかではじけるだろうし・・上昇を続けた資源価格は調整に入っており・・経済的不安、社会的不安をもたらす要因が積み重なり、各国国民の不満が増大。それを梃子に対立構造を作るポピュリスト政治家が力を得る、という流れは、まったく終わっておらず、今後さらに強まる傾向を見せるだろう(p94)


・フリードマン氏は、中国に対し、トランプ大統領が本気で立ち向かおうとしていること自体は評価しつつ・・・中国のこれまでの急速な成長には3本の柱がある。第一に、中国人自身のハードワーク・・システマチックな「ごまかし(ないし、ずる)」・・米国の政治家と海軍によって守られてきた安定的なグローバル貿易システム(p116)


・「柔軟性」をもった建物や社会システム・・・病院施設は、できるかぎり柔軟にキャパシティを増減できる建築仕様にすることが望ましい・・・テント形式の高級ホテル・・建築物だけでなく、人のスキルや仕事も柔軟にシフトさせる、という仕組みも求められる(p226)


・顧客は、「買い手」から「サポーター」・・「価値観を打ち出し、顧客をそのサポーターと位置づける」(p217)


・何か新しいことを作り出して行くための「素人以上、玄人未満」。知識の獲得とそれに基づいた行動が重要・・そう考えると、「教養のための教養」ではなく、自分自身と社会のために勉強を続けるモチベーションが湧いてくる気がする(p135)


・日清戦争以降の近代の50年間を除けば、日本は「あまり戦争をしてこなかった国」である・・本格的な対外戦争は、4世紀末から5世紀初頭の対高句麗戦、7世紀後半の(唐・新羅連合軍との)白村江の戦い・・16世紀後半の秀吉の朝鮮半島侵攻と、前近代においては合計3回にすぎない(p121)




御立 尚資、日経BP社
【私の評価】★★★☆☆(71点)

[楽天ブックスで購入する]



■目次

1章 「アート」はこんな視点を与えてくれる
2章 テクノロジーに寄せる期待と不安を再考する
3章 米中のせめぎ合い、世界はどこへ向かうのか
4章 視点の置き方で未来のカタチは変わる
5章 「未来づくり」の方法論を考える
6章 そして「未来の兆し」が見えてきた


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: