「コンクリート崩壊 危機にどう備えるか」溝渕 利明

|

コンクリート崩壊 危機にどう備えるか (PHP新書)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■コンクリートの寿命は
 永遠ではありません。


 特に、戦後のコンクリート構造物は
 海砂が使われていたり、
 アルカリ骨材反応への対応ができて
 いなかったりして、寿命末期と
 なっているものも多いという。


 問題なのは、
 コンクリートは補強はできるものの、
 鉄筋のサビやアルカリ骨材反応による
 ひび割れには、取替るしか
 抜本的な対策がないことなのです。


・山陽新幹線は、1972年に新大阪~岡山まで開通し、
 その後の1975年に博多までの644kmが開通している。
 こちらも開通後40年が経とうとしている。
 山陽新幹線では、海砂の使用、アルカリシリカ
 反応を持つ骨材を使用したコンクリートが
 かなりの部分で用いられており・・
 待ったなしの状態のはずである(p204)


■著者が恐れるのは韓国のように
 ビルや橋やダムが崩壊することです。


 日本ではコンクリート構造物の崩壊は
 あまり聞きませんが、コンクリートの
 一部が剥がれて落下する程度のことは
 頻繁に起きているのです。


 特にコンクリートは表面からは
 ひび割れくらいしか見えませんので、
 内部がどの程度劣化しているのか
 評価しにくいことから、
 対策が後手後手となる恐れがあります。


・アルカリシリカ反応によるコンクリートの
 劣化は、1986年の建設省の通達以降大幅に
 減少しているものの、その後も「無害でない」
 骨材に近い「無害」な骨材を用いてアルカリ
 シリカ反応による劣化が起こったという報告があり、
 まだまだ予断を許さない状況にある・・・
 30年以上経過したからといって、
 油断はできないのである(p105)


■著者の提案は、コンクリート技術継承のため
 ダムなどのコンクリートを使った
 大型プロジェクトを計画的に実施すること。
 また、コンクリート診断士のような
 資格制度を強化することです。


 技術継承しながら人を育て、
 合わせてコンクリートの現場技術の
 レベルを上げていくことなのでしょう。


 未だにアルカリ骨材反応が起きている
 との指摘もありますので、
 今後も調査していきたいと思います。


 溝渕さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コンクリート構造物の多くがひび割れ、
 コンクリート内部の鉄筋が錆びて
 ボロボロになりながらも人々の生活を
 支えている現実に、ほとんどの人は
 気付かないまま日常の生活を送っている(p28)


・ある地下鉄関係者は、戦前につくられたものは、
 ジャンカ(コンクリートが雷おこしみたいに
 なっている状態)がいたるところにあって、
 一見出来の悪いコンクリートのようだが、
 調べてみると最近つくられたものよりも
 耐久性が優れていて、今のコンクリートは
 軟弱であると言われていた(p154)


・予防管理維持・・・
 NEXCOでは供用前の新東名拘束道路の橋梁で、
 全面に撥水剤を塗布する工事を数億円かけて
 行っている(p170)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


コンクリート崩壊 危機にどう備えるか (PHP新書)
溝渕 利明
PHP研究所
売り上げランキング: 501,879

【私の評価】★★★☆☆(72点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

1 コンクリート構造物に異変
2 コンクリート構造物の寿命
3 腐食する山陽新幹線高架橋
4 コンクリートのがん
5 コンクリートが分解する
6 明るみになった手抜き工事
7 高度成長の負の遺産
8 良質な遺産を残すために
付 分譲マンションへの対策



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)