「つい誰かに教えたくなる人類学63の大疑問」

| コメント(0) |

つい誰かに教えたくなる人類学63の大疑問 (KS生命科学専門書)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■人類としてのヒトの研究成果を
 まとめた一冊です。


 人類は遺伝子で見ると非常に
 似ているといいます。


 つまり、いろいろな種類の人類がいましたが、
 ほとんどは絶滅し、ごく少数になったものの
 アフリカで生き残った一部の人種が
 ここまで増えてきたということです。


・ネアンデルタール人はおよそ
 4万年前に絶滅した、と
 言われています(p169)


■いろいろな情報から人類の過去を
 推測しています。


 アルコールに強い、弱い、
 乳糖耐性のある、なし、
 血液型などのデータで
 祖先の歴史を考えることができるのです。


 実に人類学とは興味深いと思いました。
 なぜなら、私たちの歴史だからです。
 

 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・はしかウイルスにもっとも近縁なのは、
 牛疫(偶蹄類の感染症)をおこすウシの
 ウイルスでした。どうやら、ウシの
 モルビリウイルスがヒトに入り、
 はしかウイルスになったようです(p14)


・授乳期間については・・・
 オランウータンでは7年、
 ゴリラでは4年と知られており、
 ヒトが極端に短いことがわかります・・・
 よりたくさんの子どもを残せる・・(p119)


・日本だけでみると、いちばん多い
 血液型はA型(38%)です。
 また、南北アメリカ大陸の先住民は
 ほとんどO型です・・・
 このような血液型の頻度の地域差は、
 各地域に特有の「風土病」によって
 生じたのかもしれません(p143)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★☆☆(70点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)