「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」近藤 宣之

|

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

【私の評価】★★★★☆(85点)


■平成初期、債務超過、倒産の危機にあった
 レーザー専門商社の日本レーザーは、
 現在安定した経営を行っています。


 その秘密は、経営者の覚悟と
 社員を大切にし育成しているから。


 離職率は10年以上ほぼゼロと
 中小企業としては脅威の実績を
 残しています。


・『人を大切にする経営』の実践こそ、
 会社を再建・成長させる
 たったひとつの方法である(p34)


■そもそも日本レーザーは、
 日本電子株式会社の子会社でした。


 平成初期の日本レーザーは
 赤字体質で債務超過。
 日本電子の役員である近藤社長が
 再建のために派遣されたのです。


 近藤社長は、経営管理強化で
 黒字化を達成しますが、
 幹部社員が有力商品とともに
 独立するというトラブルもありました。


 近藤社長は、覚悟を決め、
 日本電子の取締役を退任し、
 さらには親会社から株式を買い取り
 独立を果たしました。


 独立した原因としては、
 親会社からプロパー社員昇進への介入、
 社員旅行復活したら叱責される、
 など自分の目指す経営ができなかった
 ことがあるようです。


・日本レーザーのクレドが、
 他社の経営理念と大きく違うのは「2つ」。
 1「会社は、社員の雇用と成長の機会を守るために存在している」
 2「会社は、社員を幸せにするために存在している」
 と明言している点です(p119)


■知ってはいましたが、
 経営者によってこれほど会社は
 変わるのか!と思いました。


 小さい会社は小さい会社なりに
 社員を活かし、成果を出していくことが
 可能なのですね。


 近藤さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「言いたいことが言える雰囲気」があれば、
 給料が安くても社員は辞めない(p129)


・業務部・購買グループ・・は
 フォワーディングカンパニー
 (国際物流を専門とする会社)を見直すときも、
 「どこがいちばん安くて、
 サービスがいちばんいいのはどこか」を
 自分で決めています。
 社長の私へは、事後報告です(p97)


・中堅社員には、意識改革と行動改革を目的とした
 「自己革新研修」(新経営サービス)と、
 プレゼンやファシリテーションなど・・・
 幹部社員(部長クラス)は、ひとり当たり
 年間100万~200万円の費用をかけて、
 「経営者大学」(新経営サービス)や・・
 リーダー研修(ベックスコーポレーション)へ
 派遣し、マネジメントやリーダーシップを
 徹底して学ばせています(p84)


・人員整理と自主再建を通して私は、
 「組合が頑張って労働環境を改善したとしても、
 経営そのものが間違っていては雇用を守れない」
 「すべての元凶は赤字であり、
 赤字は社員とその家族の人生を狂わす」
 ことを肌身で教えられたのです(p103)


・マルチタスク/ひとりが複数業務や
 取引先を担当する・・
 「ダブルアサイメント」は、
 ひとつの業務を2人で担当する
 仕組みです(p178)


・「今週の気づき」では、
 「どのようなトラブルがあったのか」
 「そのトラブルに対し、どう対処していくのか」を
 全社員が報告します・・・
 毎週末(原則金曜夜)までに・・・
 自分の上司・担当役員にメールで報告する
 (ほかの役員や同僚にもCCで同報)(p63)


・「今週の頑張り」は全社員が毎週末(原則金曜夜)までに、
 「その週に自分が頑張ったこと」について、
 自分の上司と担当役員にメールで報告します
 (ほかの役員や同僚にもCCで同報)(p70)


・「よからんは不思議、悪からんは一定とおもえ」・・
 「物事がうまくいくのは不思議なことで、
 説明のしようがない。
 しかし、悪くなったときには必ず原因がある」(p203)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み
近藤 宣之
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9,520

【私の評価】★★★★☆(85点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ:どんな会社も必ず再建できる!
第1章:23年連続黒字は社員のモチベーションが10割!
第2章:10年以上離職率ほぼゼロ! 人が辞めない仕組みはこうつくる
第3章:なぜ、女性を大切にすると利益が上がるのか?
第4章:どん底から運をたぐり寄せるコツ
エピローグ
特別付録:「人を大切にしながら利益を上げる」問答集



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)