「毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80㎞で2時間46分! 超効率的トレーニング法」吉岡 利貢

|

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80㎞で2時間46分! 超効率的トレーニング法 (SB新書)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■市民ランナーや日本のマラソン選手は、
 外国に比べて走りすぎているらしい。


 本書では自転車トレーニングも含めて
 より短距離のトレーニングで
 成果を出す方法を検討しています。


■確かに過ぎたるは
 及ばざるがごとし。


 適度に休んだほうが
 体調がよくなってマラソンの
 記録が良くなることもあるのでしょう。


 吉岡さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・市民ランナーレベルでは、週64km、
 月間走行距離が240~250kmを超えると
 故障が増えるという報告があります(p6)


・運動から長く遠ざかっている人、
 あるいは太り気味の人は、
 いきなり走らず、ウォーキングからの
 スタートでも良いのです・・
 足を止めずに一定ペースで30分くらい
 走れるようになるまでは、
 ペースを上げないようにします(p107) 


・いま、正しいとされる着地は、前足部からです。
 足の母指球と小指球を結ぶラインから
 着地します(p145)


・12分間で2500m以上走れる人は
 フルマラソンで5時間を切るサブ5、
 3000m以上走れる人は4時間を切るサブ4を
 達成できる可能性が高いと考えられます(178)


・フルマラソンを走り切ると、カラダには
 ダメージが蓄積します。筋肉や関節などが
 もと通りの状態に復帰するまでに
 1か月ほどかかるのです(p192)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次

序章 日本の男子マラソンが弱くなった理由
第1章 パフォーマンスを決める3つの要素
第2章 自転車トレーニングでマラソンは速くなる
第3章 自転車のクロストレーニング法
第4章 持久力・筋力・バネを強化する
第5章 ランニングの原点に返ってタイム短縮
第6章 レースに向けた実践的トレーニング法
終章 日本のマラソン界はどうしたらまた強くなれるのか?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)