「ここがロドスだ、ここで跳べ!」山川健一

|

ここがロドスだ、ここで跳べ!

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■ロドスってどこ?と
 思いながら手にした一冊です。


 ロドスとはロドス島のこと。
 これはイソップ寓話の中で
 古代競技の選手が、おれは
 ロドス島ですごい跳躍をしたと
 嘘をつきます。


 すると、それを聞いていた人が
 「君が大跳躍をしたというなら、
 ここがロドス島だと思って、
 ここで跳べ!」と言ったという。


 「資本論」の文章の中でマルクスも
 「ここがロドスだ、ここで跳べ!」
 を使っていることでも知られています。


・〈ここがロドスだ、ここで跳べ!〉
 というあの見出しは、
 イソップ寓話に収められた
 「ほら吹き男」の話に出てくる
 言葉なんだよ・・(p64)


■この本のストーリーは、
 ベンチャー企業の経営者となった 
 主人公が鳥男に出会い、
 まったく違う人生に
 ワープしてしまうというもの。


 経営者として成功しているように
 見える主人公ですが、
 私生活は結婚もせず、
 友人もおらず、
 必ずしも幸せではない。


 一方で、ちがう人生には、
 金はないが、愛する人と
 一緒にバンドを組む友人がいる。


 こういう道もあるんだな、
 と主人公は感じるわけです。


・俺はやっとわかったよ。
 愛ってのは、自分の生涯のすべてを
 その女に捧げるってことなんだな。
 それがロドスで跳ぶってことだったんだ(p194)


■たった一つの判断で、
 まったく違う人生を歩む主人公に、
 人生とはそんなものだと思いました。


 ただ、何でもかんでも跳べばいいという
 ものではないと思いますが、
 後悔のない判断をしたいですね。


 山川さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・バンドはオアシスのデビューアルバムに
 入っていた〈Cigarettes And Alcohol〉を始める。
 生き甲斐ってやつを探したんだが、
 煙草とアルコールを見つけただけだったよ・・
 というナンバーだ(p185)


・自分がいる狭い場所でかまわないから、
 小さなジャンプを繰り返していけばいい・・
 皆さんに、この言葉を贈って
 私のまずい話を終えたいと思います。
 ここがロドスだ、ここで跳べ!
 今日はありがとうございました(p224)


・この不平等な世の中を変えるには
 革命しかない・・
 暴力装置を唯一公的に発動できる国家に
 対抗するためには暴力革命以外にはない。
 だったら、銃を手にすることを
 宣言したもっと先鋭な組織に
 この身を投じればいいのか?(p3)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ここがロドスだ、ここで跳べ!
山川健一
幻冬舎
売り上げランキング: 1,201,102

【私の評価】★★★☆☆(71点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)